ホーム | コラム | オーリャ! | 日本宗教がディズニー監督の心の支え

日本宗教がディズニー監督の心の支え

 ブラジル人初のディズニーアニメ映画監督となった松田レオナルドさんとの取材後、「もしも書きたければ、私が創価学会で仏教を学んでいることを記事に加えても大丈夫です」と松田さんからメールが入った。
 調べてみると同学会のニュースサイト「SEIKYO Online」に3月27日付けで掲載された松田さんのインタビュー記事が出てきた。創価学会インターナショナル(SGI)のアメリカ支部男子部の部長を務めていたそうだ。
 松田さんは、乗り超えてきた苦境について語る際、「目標達成のためには代償が必要」「常に目標を見失わずにいること」などと重みのある言葉を語っていた。
 信念を感じさせる一言一言を不思議に思っていたが、同学会の会員であることを聞いて納得。世界的な活躍を見せる日系ブラジル人の精神に日本の宗教が根付いている。(雪)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 11年インフレは6・5%=目標内だが上限ギリギリ2012年1月7日 11年インフレは6・5%=目標内だが上限ギリギリ ニッケイ新聞 2012年1月7日付け  2011年のインフレは、政府目標上限の6・5%で終わったことがわかった。6日付ブラジルサイトが報じている。 […]
  • 聖市のファンフェスタ(Heloisa Ballarini/ Secom- PMSP)2014年6月14日 ファンフェスタが大盛況=開幕戦の熱狂を各地で共有  12日のワールドカップの開幕試合のブラジル対クロアチア戦を見るための「ファンフェスタ」が全国で開催され、いずれも超満員の賑わいを見せた。13日付伯字紙が報じている。 サンパウロ市やリオなどでW杯開催への抗議行動が起きた一方、サッカー・ファンたちは開幕戦に熱狂した。開幕戦会 […]
  • 17歳少年が元彼女銃殺=18歳になる前日の犯行=抗争相手らと話したとして2014年3月14日 17歳少年が元彼女銃殺=18歳になる前日の犯行=抗争相手らと話したとして ニッケイ新聞 2014年3月14日 連邦直轄区内ガマ市で9日正午頃、17歳の少年が誕生日前日に14歳の少女を銃殺、その映像を携帯電話用のメッセージ交換プログラムで流すという事件が起きたと13日付伯字紙が報じた。 被害者のヨラリ・ジアス・フェレイラさんはネット(SNS)で加害者 […]
  • 東西南北2018年12月15日 東西南北  13日、サンパウロ大都市圏ABC地区のマウアーで、市長のアチラ・ジャコムッシ容疑者が同市元局長らと贈収賄工作を行った容疑で逮捕された。同容疑者は5月にも逮捕されているが、後任の市長代理が財政破綻を起こしたため、かろうじて市長のクビがつながっていた。警察によると、同市長らは市内 […]
  • 若者たちによる「クーニャ、やめろ」の垂れ幕(Fernando Frazão/Agência Brasil)2015年7月9日 刑法引き下げ法案に若者がデモ=「下院議長、やめろ」の声も  刑法の対象年齢を18歳から16歳に引き下げる憲法改正法案を強引に承認した下院に対し、7日、サンパウロとリオ、ブラジリア、ポルト・アレグレで若者たちによるデモが行われた。 若者たちの怒りは、下院での承認の仕方にも向けられている。6月30日、下院で同憲法改正案が出 […]