ホーム | 日系社会ニュース | 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔

《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔

熱い声援が送られたミス日系コンテスト(12番がミスに選ばれたタイナさん)

熱い声援が送られたミス日系コンテスト(12番がミスに選ばれたタイナさん)

 オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。
 轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花を添え、会場の期待感が高揚するなか、挨拶に立った荒木会長は、「ミス日系コンテストへようこそ。大勢の人前で舞台を歩いたり、質問に答えたりすることは容易ではない。でも、それは彼女たちの将来に大きな糧となるはず。どうか大きな声援を」と呼びかけた。
 オザスコ在住者に限定された今回のコンテストでは12人が出場。浴衣やドレスを身に纏ったウォーキングで会場を魅了し、候補者の名前が紹介され登壇する度に、ブブゼラの大音響や黄色い歓声が飛び交った。
 協賛企業の代表者などからなる8人の審査員が、美しさや優雅さ、知性などを総合評価して決定される。結果発表に移ると会場の雰囲気は最高潮に達し、熱気に包まれた。夜も更けるなか、今年の栄えあるミス日系オザスコの頂点に輝いたのは、タイナ・アケミ・フォネスカさん(19、三世)だ。
 弊紙の取材に対し、「大変光栄。オザスコの日本文化を少しだけ代表できることはとても貴重な機会になる」と語り、「日系人の親族がいない人でも、日本文化を知りたいと思っている人が沢山いる。そんななか、日系人として生まれたのは、素晴らしいことだわ」と喜びを語った。
 「女性にとって、自信を持つことは何よりも大切。そして、笑顔を忘れないことが美の秘訣よ」と堂々と語り、7月7日から開催される県連日本祭りのミス日系コンテストにオザスコ代表として出場する。
 コンテスト結果は次の通り(敬称略)。【ミスニッケイ・オザスコ】タイナ・アケミ・フォネスカ(19)【第一プリンセーザ】エミリ・ナオミ・カサギ(19)【第二プリンセーザ】アラナ・サユリ・ハシモト(15)【ミス・シンパチア】ナターリャ・サチエ・モトクボ・ワルテル(22)


□関連コラム□大耳小耳

 オザスコの『ミス・シンパチア(好感)』は、12人の候補者が互いに投票し合って選出される賞。選ばれたナターリャさんは青髪で、ひと際、存在感を放っていた。候補者には、JICAから同文協日本語学校に日語教師として派遣された辻井美果さん(28、大阪府)の姿も。「いつもとは違う形で日本人女性が参加したら面白いかなと思って、薦められて参加してみました」とのこと。終了後には、声援を送っていた日語学校の生徒達に囲まれていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも2019年2月1日 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも  日本移民110周年記念として、昨年から始まったGLイベンツとTASAイベンツ共催の『第2回リオ祭り』が25、26、27日の三日間、リオ市のリオセントロ・コンベンション・イベントセンター第4パビリオンで盛大に開催された。リオ最大規模の日本祭りで、昨年よりも1割多い、延べ […]
  • あけましておめでとうございます2019年1月8日 あけましておめでとうございます  ニッケイ新聞読者の皆様、あけましておめでとうございます。  旧年中はブラジル日本文化福祉協会およびブラジル日本移民110周年記念祭典委員会に対し、温かいご理解ご協力を頂き、誠にありがとうございました。  昨年は、ブラジル日本移民110周年を記念する祭典がブラジル各 […]
  • インダイアツーバ日本祭り=4日間開催、1万2千人来場2018年11月9日 インダイアツーバ日本祭り=4日間開催、1万2千人来場  サンパウロ州インダイアツーバ市内のイベント会場で10月11から14日の間、『第3回インダイアツーバ日本祭り』が開催され、約1万2千人の来場者を記録した。インダイアツーバ日伯文化体育協会(Acenbi)とタサ・エヴェントス社の共催。  祭りでは芸能発表やワークショップ […]
  • 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも2018年11月2日 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも  若干22歳、初出馬でなんと46万5310票も集めて連邦議員にみごと当選した話題の日系人、キム・カタギリさん(22、三世)を10月24日に取材した。サンパウロ州選出の連邦下議の中では4番目だ。このような新しい〃大波〃によって下院議員全体の3分の2が入れ替わった。ジョルナ […]