ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 マーティン・スコセッシ監督によるハリウッド映画『沈黙』が、サンパウロ市レプブリカ区のガレリア・オリド(Circuito Spcine, Av. Sao Joao, 473, Centro)で31日まで特別上映中。メトロのレプブリカ駅から徒歩3分。30日は午後5時から、31日は午後7時から。サンパウロ市文化局協賛で、大人4レアル、子ども2レアルの特価で見られる。2割程度のセリフは日本語だが、基本的に英語で、ポ語字幕がつく。遠藤周作による同名小説を原作とするもので、江戸幕府によるキリシタン弾圧で死んだ信徒の壮絶な姿や、拷問に耐えかねて転んだイエズス会宣教師の生き様を描いた問題作。
     ◎
 本紙編集部では、「折りたたみパイプ椅子」の中古品を、安く譲ってくれるところを探している。5~10脚程度で十分。もしも安く譲っても良い人がいれば、ぜひ編集部(担当・深沢、中堀、11・3340・6060)までご連絡を。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲=外山脩=(39)2015年9月22日 『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲=外山脩=(39) 14年間、帰伯不能 ところが、日本滞在中、武雄が病気になったり父親の仕事を手伝ったりしている内に、大東亜戦争が始まり、帰伯不能になってしまった。 農場は支配人によって管理されていたが、1942、3年、降霜があり被害を受けた。さらに、ブラジル政府が、枢軸国系資産の凍結令を発し、農 […]
  • 東西南北2012年12月22日 東西南北 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け […]
  • アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<3>2020年10月14日 アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<3> 若い結婚と遠距離夫婦生活  「ブラジルに来てから一度も帰国していません。妻や娘とは7年間離れて暮らしています」と話すガネッシュさん(連載第2回参照)。ネパールで19歳の時に4歳年下の妻と結婚し、長男と長女が誕生。以後、アジア各国で働き、夫婦で離れて暮らす年月は少なくな […]
  • 美味しい!2014年9月25日 肉を美味しく食べる魅惑のソース  ああ、肉が止まらない! ブラジルではとにかく肉をよく食べます。大きな串に刺さったシュラスコスタイルも人気ですが、お皿にどーんとお肉が乗って出て来るステーキ屋さんもたくさんあり、これまた人気です。 ブラジルに来て間もない頃は、日本で食べる脂の乗ったやわらかいお肉が恋しくて、 […]
  • 援協福祉部慈善バザー2005年3月9日 援協福祉部慈善バザー 3月9日(水)  援協福祉部(八巻和枝部長)は九日午前八時から、サンパウロ市リベルダーデ区の援協診療所前で慈善バザーを開く。販売するのは、衣服や日用品、書籍など。問い合わせ電話番号=11・3385・6606(福祉部)。 […]