ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 《ブラジル》北東部の水害の死者8人に=リオ・グランデ・ド・スル州の被害も拡大中

《ブラジル》北東部の水害の死者8人に=リオ・グランデ・ド・スル州の被害も拡大中

被災地を訪問するアラゴアス州のレナン・フィーリョ知事(Thiago Sampaio/Agência Alagoas)

被災地を訪問するアラゴアス州のレナン・フィーリョ知事(Thiago Sampaio/Agência Alagoas)

 【既報関連】週末にペルナンブコ州(PE)とアラゴアス州(AL)を襲った豪雨は、各地で洪水や土砂崩れなどの被害をもたらし、死者の数は8人に増えた。また、リオ・グランデ・ド・スル州でも雨が続いており、12市が非常事態を宣言したと30日付現地紙サイトが報じた。
 PEでは15市が非常事態を宣言し、23市で被害が出ている。同州での死者は3人で、行方不明者も2人いる。親戚や知人宅に身を寄せている人や避難所に退避している人は、30日朝の時点でも4万4801人と報じられた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ