ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 捨てられた食料に群がる人々=水害被災地の窮状物語る

捨てられた食料に群がる人々=水害被災地の窮状物語る

 週末の雨で家を失い、家財道具なども使い物にならなくなった人が続出しているペルナンブコ州南部のパウマーレス市で5月29日、水が引き始めたからと店内の整理を始めたスーパーが、水に浸かった食料品を捨てたところ、それを見た人々が我先にと群がった様子が報道された。
 パウマーレスは、洪水などの被害に遭い、非常事態宣言を行った町のひとつだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ