ホーム | 日系社会ニュース | 特別企画でポルトガルへ=県連故郷巡りあと40席

特別企画でポルトガルへ=県連故郷巡りあと40席

首都リスボンの美しい夕暮れ(By Alexander De Leon Battista (Flickr), via Wikimedia Commons)

首都リスボンの美しい夕暮れ(By Alexander De Leon Battista (Flickr), via Wikimedia Commons)

 ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)が主催する「移民のふるさと巡り」の次回9月は特別企画としてヨーロッパへと行き先を延ばし、ブラジルと日本と関わりの深い国ポルトガルで交流旅行をする。
 このふるさと巡りは1988年、日本移民80周年を記念して開始され、毎年行われている人気旅行企画だ。国内を中心に各地の移住地などを訪ね、交流を深め、互いに歴史を学びあうことができると好評だ。
 今回は県連が、外国旅行に強い日本の大手旅行会社HISに依頼し、同社のポルトガル支店とも連携しながら、より安価で中身の濃いツアーを企画している。
 6日間の滞在のうちに、世界遺産を含む6都市をめぐりながら、現地の交流協会や柔道連盟など民間の団体だけでなく、在ポルトガルの日本大使館大使公邸での交流ディナーにも参加できる。6月1日時点で残り40人分。申し込みはHIS旅行社リベルダーデ支店(11・3271・0452)へ。


□関連コラム□大耳小耳

 9月の県連故郷巡りが向かうポルトガルは、日本と関係が深い。1543年に種子島に難破したポルトガル商人が、日本人にとって最初に接触した欧州人だった。「ヘンなガイジン第一号」ヴェンセスラウ・デ・モラエスはポルトガルのポルト出身。1899年に神戸領事として滞日しはじめ、故郷の地方紙に日本の近況を寄稿し続けた。1929年に徳島市で孤独なうちに没したが、その生涯は新田次郎の小説『孤愁サウダーデ』(未完)に結実。息子の藤原正彦は旅行記『父の旅 私の旅』、父の小説を引き継ぐ形で続きを書いた同名小説も出版された。同国は美食でも知られており、日本人にはうれしい海鮮料理が有名。当地でも有名なお菓子「パステル・デ・ベレン」というエッグ・タルトはまさに本場だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]
  • 日本政府から栄えある栄誉=外務大臣表彰13個人・団体に=日本語教育や両国交流促進2017年7月5日 日本政府から栄えある栄誉=外務大臣表彰13個人・団体に=日本語教育や両国交流促進  2017年度外務大臣表彰の受賞者が先月29日に発表された。在伯大使館、在聖総領事館、在クリチバ総領事館、在ベレン領事事務所から計13の個人・団体が選出された。受賞者と功績は以下の通り(敬称略)。 【ブラジリア管内】▼秋本満敏(カンポ日伯農業開発(株)会社代表取締役副社長)= […]
  • 《ブラジル》県連故郷巡り=「承前啓後」 ポルト・ヴェーリョとパウマス=(1)=60年ぶりの「ふるさと」へ2017年4月4日 《ブラジル》県連故郷巡り=「承前啓後」 ポルト・ヴェーリョとパウマス=(1)=60年ぶりの「ふるさと」へ  今回の「故郷巡り」ツアーを一言でいえば、「承前啓後(しょうぜんけいご)」か――「過去を受け継いで、未来を導き開く」という意味だ。ボリビアとの国境である奥アマゾンのロンドニア州都ポルト・ヴェーリョ、そして一番新しい州トカンチンスのパウマスでは、ブラジル近代史と一体になった、 […]
  • 前県連会長本橋氏らに栄誉=外務大臣表彰、受賞者が決定2016年7月14日 前県連会長本橋氏らに栄誉=外務大臣表彰、受賞者が決定  平成28年度(2016年)外務大臣表彰の受賞者が13日に発表された。在伯大使館管内から1人、在ベレン領事事務所管内から2団体、在聖総領事館管内から3人と計6の個人・団体が選出された。昨年は外交120周年を記念し、全伯で102人が表彰を受けていた。今年の受賞者と功績は以下の通り […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]