ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 《ブラジル最高裁》JBSのデラソンを有効と判断=午後5時前に6人賛成=ファキン判事が担当継続=「中身は裁判時に検証」か

《ブラジル最高裁》JBSのデラソンを有効と判断=午後5時前に6人賛成=ファキン判事が担当継続=「中身は裁判時に検証」か

21日、最高裁でのファキン判事(Lula Marques/AGPT/Fotos Públicas)

21日、最高裁でのファキン判事(Lula Marques/AGPT/Fotos Públicas)

 最高裁で21、22の両日、ラヴァ・ジャット作戦(LJ)におけるJBS社の報奨付供述(デラソン・プレミアーダ)を有効なものとして認めるか否かの投票が行われ、22日午後5時までに6人の判事がデラソンは有効と票を投じた。22日付現地紙・サイトが報じている。

 JBS社主のジョエズレイ・バチスタ氏らが行い、最高裁でのLJ報告官のエジソン・ファキン判事が5月に承認したデラソンは、テメル大統領やアエシオ・ネーヴェス上議らの政治生命を危うくするほど重大な内容で、大量の政治家への疑惑も暴露したため、国中が混乱に陥った。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ