ホーム | ビジネスニュース | 《ブラジル》市場は大統領起訴を織り込み済み=経済政策が継続されればOK?

《ブラジル》市場は大統領起訴を織り込み済み=経済政策が継続されればOK?

 テメル大統領が現役大統領としては初めて起訴された26日、ブラジル国内ではジャノー検察庁長官がどんな内容で起訴するかといった憶測が広まったが、市場は平穏な動きを見せたと26日付現地紙サイトが報じた。26日のサンパウロ証券市場の指数は1・8%上昇し、為替は1・13%のドル安で取引を終えた。
 ジャノー長官が27日までに起訴状を提出する事は、最高裁のファキン判事が5日間と期限を決めた時点で確実視されており、26日の起訴状提出には誰も驚かなかった。市場関係者は「この件はもう価格に織り込み済み」と表現した。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ