ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | サンパウロ市=信号機の故障続発でコーン配置=補修会社との契約が遅れ

サンパウロ市=信号機の故障続発でコーン配置=補修会社との契約が遅れ

 信号補修会社との契約が切れて半年。故障も頻発する中、サンパウロ市ではコーンや小型の立て看板を道路に置いて交通整理を行う事態が増えていると27日付現地紙が報じた。
 サンパウロ市の道路交通の安全を守る交通工学公社(CET)は一時的措置のつもりだったが、この光景は市内主要道路でも常態化しており、ドライバーや歩行者は不便さだけでなく、恐怖さえも感じるようになっている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ