ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 連邦道路警察=予算カットで業務を縮小=交通量増える時期に不安の種

連邦道路警察=予算カットで業務を縮小=交通量増える時期に不安の種

 連邦道路警察(PFR)が4日夜、燃料購入などもままならないため、国道での巡邏、大型貨物を積んだ車両のエスコート、空からの救助活動などを停止すると発表したと5、6日付現地紙・サイトが報じた。
 学校が休暇に入り、旅行などで高速道を利用する人が増える時期に業務縮小が報じられたのは、3月30日にテメル大統領が署名した大統領令により、今年の予算4億2千万レアルが2億3600万レアルに削られた事が原因だ。16年の予算は4億7千万レだったから、実質的な半減だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ