ホーム | 日系社会ニュース | 《ブラジル》農水省の日本食セミナー=「正しく理解し美味しく食べて」

《ブラジル》農水省の日本食セミナー=「正しく理解し美味しく食べて」

セミナーを行なった講師ら

セミナーを行なった講師ら

 農林水産省主催による日本食セミナーが7~9日、日本祭り会場で開催された。日本食の専門家より、寿司、うどん、日本酒などについてのプレゼンテーションが日に6回行なわれ、来場者は日本食について学ぶと共に実演調理された食べ物の試食を楽しんだ。
 8日午後1時からのセミナー開会式には、細田健一農林水産大臣政務官が出席し、「農林水産省は和食を正しく伝えることに一生懸命取り組んでいる。今日試食して美味しいと思った方はぜひ日本に来てください」と挨拶した。
 和食レストランオーナーの小池信也さんは「料理と器と和牛」と題したセミナーで講師を務めた。「日本食は器に盛られることで完成する」とし、「『味噌汁の椀にご飯をよそってはいけない』という基本的なことから知ってもらいたい」と話した。
 初回から本イベントに参加している小池さんは「初めて食べた日本食がしっかりしたものでないと、食べた人は日本食を誤解してしまう。今回の試食を通して正しく理解してもらいたい」と本イベントの意義に触れた。
 「身近な日本食を増やすことが大切」と話し、「ブラジルにおける日本食と言えば寿司や刺身が一般的。色々な料理を紹介しないと将来的にそれしか残らない」との不安をもらした。
 当地で生魚を食べるブラジル人が増えたことについては歓迎する一方で、「鮮度、管理方法、下処理の仕方が大切。これらを誤って食中毒が発生し『日本食は危ない』という認識が広がっては元も子もない」と危惧。「正しく理解して、美味しく食べて」と話した。
 本イベントでは、他にもブラジル初の讃岐うどん専門店『Meu Gohan』の水本良夫さんがうどんについてセミナーを行なった。イベント会場には100人近い人が集まり、水本さんが生地を練り、麺を作る様子に見入った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」2019年2月5日 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」  【岐阜県羽島発】アルゼンチン出身の日系歌手、大城バネサさん(37)が昨年、日本デビュー15周年を迎えた。現在、活動拠点としている岐阜県羽島市で1月17日に取材に応じ、南米3カ国公演や新曲発売など充実の1年を振り返った。  大城さんは亜国ブエノス・アイレス出身で、一世 […]
  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも2019年2月1日 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも  日本移民110周年記念として、昨年から始まったGLイベンツとTASAイベンツ共催の『第2回リオ祭り』が25、26、27日の三日間、リオ市のリオセントロ・コンベンション・イベントセンター第4パビリオンで盛大に開催された。リオ最大規模の日本祭りで、昨年よりも1割多い、延べ […]
  • 徳島県人会の新会長は原田氏=賃貸問題は弁護士が交渉中2019年1月31日 徳島県人会の新会長は原田氏=賃貸問題は弁護士が交渉中  ブラジル徳島県人会(大原勝美会長)は26日午前、サンパウロ市ツクルビー区の同会館で19年定期総会を開催し、原田昇氏が会長に返り咲いた。  賃貸契約の更新を巡り、赤字運営に悩む県人会が昨年末に4割値上げを求めたため、カラオケ・ダンスで利用する日系文化協会との間でいさか […]
  • ■訃報■木原好規2019年1月30日 ■訃報■木原好規  和歌山県人会で長年会長を務めてきた木原好規さんが28日、癌のため亡くなった。享年82。葬儀は29日、市内アルピーナ火葬場で行われた。  木原さんは和歌山県紀の川市出身で、1960年に渡伯した。竹中商会に長年務め、和歌山県人会では05年から5期10年にわたって会長を務 […]