ホーム | 日系社会ニュース | サンパウロ市=新年祝賀会で130人祝う=呉屋会長「後進に譲りたい」

サンパウロ市=新年祝賀会で130人祝う=呉屋会長「後進に譲りたい」

万歳三唱を行う来賓ら

万歳三唱を行う来賓ら

 ブラジル日本文化福祉協会など日系主要5団体と在サンパウロ日本国総領事館(野口泰総領事)主催の2019年新年祝賀会が4日午後7時、文協の貴賓室で行われ、130人が集まり新年を祝った。
 JICAや各県人会代表者、聖州各地の代表者も出席。呉屋会長は、昨年について「眞子内親王殿下がご来伯し、日系社会全体が一致団結して歓迎した」と振り返ると共に、「多くの若い日系人が協力してくれたことが宝」と次世代が力を発揮したことを強調。国士舘大学スポーツセンターの着工許可が出たことや、日伯両国の政治情勢が大きく変わることを「希望の年」と称した。
 野口総領事は、6月に日本代表が特別参加するコパ・アメリカ2019や、大阪府で行われるG20でボウソナロ新大統領が初来訪することへの期待、10月に新天皇即位を宣言する「即位礼正殿の儀」などに触れ、引き続き日伯友好関係に務めることを誓った。
 山田康夫県連会長の万歳三唱後、文協コーラス団のリードで「一月一日」を合唱し、洲崎順援協副会長の音頭で乾杯を取った。
 呉屋会長は年末にジョルナル・ニッパク紙の取材に応じ、任期中の仕事を総括した。いわく「2期4年間に文協に貢献し、やりきったので後進に譲りたいと思っている」と出馬表明しない理由を明らかにした。4年間の総括としては「文協の設備を整えることや、文化スペースの工事、移民史料館の改修など進めてきた」と自身の功績を語る。
 やり残したことについては「女性人材の登用を強化すること。団体の活躍を広めるためにも、女性の活躍は重要」と初めて女性が文協会長を務めた経験を踏まえ、今後に注目していきたいと語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 「サッカー王国」体験に遠征=三浦泰年率いるFCトッカーノ2019年8月10日 「サッカー王国」体験に遠征=三浦泰年率いるFCトッカーノ  実弟・三浦知良選手とともにJリーグ発足時から活躍し、現在も指導者として日本サッカー界を支える三浦泰年氏。自分が設立、代表を務める少年サッカークラブチーム「FCトッカーノ」(東京)のメンバーを連れ、7月26日に来伯した。5日まで滞在し、当地クラブチームとの対戦などを行っ […]