ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | リオ市=15年で行方不明者3万人超=西部とボンスセッソに集中

リオ市=15年で行方不明者3万人超=西部とボンスセッソに集中

 リオ州政府機関、公共保安研究所(ISP)の発表によると、2002年から17年までの15年間に、リオ市では3万3882人が行方不明になっている事が分かった。11日付現地サイトが報じている。
 行方不明は主に市内西部か、ボンスセッソ地区で発生している。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ