ホーム | コラム | 樹海 | インターネット普及で小さくなった世界

インターネット普及で小さくなった世界

 11日未明、携帯電話に「K・スミスなるハッカーが友人要求をして来ても無視しろ」と警告し、メッセンジャーリストの連絡先に転送するよう求めるメッセージが届いた▼友人達が狙われたらと疑いもせずに転送したら、複数の友人が「悪質なチェーンメールの可能性あり」と警告してきた。昔あった「不幸の手紙」の類と知り、慌てて謝罪のメッセージを送ったが、インターネットや携帯用ソフトなどの普及で世界が小さくなったと改めて感じた▼大学卒業後に働いた会社は日米の合弁企業で、ビジネスコンピューター(BC)やパソコン、医療機器などの精密機械を扱っていた。経営本部経理課、新支店(後に支社に)の総務課経理担当を経て、BC部販売促進課に移った時、東京晴海と大阪でのビジネスショーに借り出され、実用化段階に入ろうとしていたeメールのデモを手伝った。同社の機器は欧米言語にしか対応出来ておらず、他社のコンピューターで日本語の文を打ち、送るという作業を行ったのを思い出す▼技術革新はめざましく、今は携帯電話で社会ネットワークにもアクセスでき、距離を感じない速度での情報交換も可能になった。目の手術で入院中だった姉は、病室でも携帯は使えるからと、仕事のメールにもアクセスしていたが、四六時中仕事に縛られるという弊害を除けば、その恩恵は甚大だ▼技術の進歩で、ブラジルにいながら日本発の迷惑メールのやり取りに撒きこまれたおかげで、人々の不安をあおって不特定多数への配布を求めるチェンメ健在と知ると同時に、世間知らずを自覚した1日。副産物で音信不通だった友人とも連絡が取れたが、皆様も呉々もご注意を。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《記者コラム》樹海=邦字紙の読み方―2cmの折り目に込めた想い2020年7月7日 《記者コラム》樹海=邦字紙の読み方―2cmの折り目に込めた想い 「邦字紙にそんな読み方があったんだ!」  仕事が終了する間際の午後7時半ごろ、編集部内で雑談中、若手スタッフ(部員)から「うちの新聞って、1面と6面を比較すると、同じ新聞とは思えないぐらい内容が違うんですよね」としみじみ言われて、最初意味が分からなかった。  「 […]
  • 《記者コラム》ボウソナロ政権のダメ大臣列伝2020年7月3日 《記者コラム》ボウソナロ政権のダメ大臣列伝  日本のプロ野球ファンのひとつのジョークのネタに「ダメ外人列伝」というものがある。これは、「高い期待を期待されながら入団したのに、活躍することなく終わった外国人選手」を揶揄して楽しむものだ。  6月30日に教育相を辞任したカルロス・アルベルト・デコテッリ氏のこの数日の […]
  • 《記者コラム・樹海》自然災害としてコロナ対策を考えて良いのでは2020年6月30日 《記者コラム・樹海》自然災害としてコロナ対策を考えて良いのでは  コロナ・パンデミックによって、世界が不自然な方向に追いやられている気がしてならない。今回のコロナ対策には現代文明の歪みが、そのまま現れている気がする。こんなことを書くと、怒る方もいるかもしれないが、根本的なレベルからの議論が必要な問題だという意味で提起したい。  今 […]
  • ブラジルで一気見する、日本の特撮の元祖2020年6月26日 ブラジルで一気見する、日本の特撮の元祖  コロナ禍における外出自粛のあいだの過ごし方として「動画配信サービスでの映画やドラマのビンジ・ウォッチング(一気見)」というのが世界的な現象として見られた。  外に出ても映画館もコンサート会場も、スポーツ・スタジアムも開いていない。そんなときにできることと言えば、家に […]