ホーム | ビジネスニュース | 穀物輸送=ブラジル北部の鉄道敷設計画に、アメリカ穀物メジャーなどが関心=126億レアル規模の官民合同計画=長年の課題は解決するか?

穀物輸送=ブラジル北部の鉄道敷設計画に、アメリカ穀物メジャーなどが関心=126億レアル規模の官民合同計画=長年の課題は解決するか?

国道163号線で立ち往生するトラック(参考画像 - 53º BIS)

国道163号線で立ち往生するトラック(参考画像 – 53º BIS)

 ブラジルは世界有数の穀物生産国だが、内陸部で収穫された穀物を港まで運ぶためのインフラ設備が著しく脆弱だ。これを受け、米国の穀物メジャーなどが立てた、ブラジル中西部マット・グロッソ州の一大穀倉地帯でとれた大豆を北部に運ぶための鉄道敷設計画に、国内外の企業や投資家グループが興味を示していると17日付現地紙が報じた。
 ADMやブンゲ、カーギルなどの穀物メジャーが立案したブラジル北部への鉄道敷設計画は、フェログランと呼ばれる。コーザングループの鉄道会社RumoALLも、マット・グロッソ州内の線をロンドノ・ポリス市からソリーゾ市まで600キロ延長することを計画している。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ