ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | ブラジルがメルコスル議長国に=議題はベネズエラ問題や貿易自由化

ブラジルがメルコスル議長国に=議題はベネズエラ問題や貿易自由化

発言中のテメル大統領を映し出す首脳会議場の大型スクリーン(Alan Santos/PR)

発言中のテメル大統領を映し出す首脳会議場の大型スクリーン(Alan Santos/PR)

 テメル大統領とその一行が20日午後、アルゼンチンのメンドーサで21日に開かれる南米南部共同市場(メルコスル)首脳会議に出席するためブラジルを旅立った。
 20、21日付のブラジル国内紙や同サイトによると、テメル大統領はアルゼンチン到着後、ブラジル国民は増税の必要性を理解してくれるはずとの見解を表明すると共に、上半期の議長国だったアルゼンチンが進めてくれた働きを継続させると語った。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ