ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | ブラジル人の若者を奴隷労働=米国NC州の教会が南米支部を悪用

ブラジル人の若者を奴隷労働=米国NC州の教会が南米支部を悪用

 アメリカのノース・キャロライナ州の教会がブラジルの若者たちを呼び寄せ、奴隷労働をさせていたことが発覚した。
 問題の教会は同州の「ワード・オブ・フェイス・フェロウシップ」で、ここが、ブラジルにある同教会の支部を利用して、若者たちを呼び寄せ、奴隷労働を行わせていたという。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2006年12月27日 コラム オーリャ! 2006年12月27日付け  県連に〃怪文書〃が飛び交っている?!―。といっては大げさだが、それでも二件続いた。  一つは、二十三日付けで伝えた、州保安局を装った、強盗が利用するとした絵記号の解説文。 […]
  • サンパウロ市で狂犬病の予防接種=6月3日まで2064カ所で2012年5月23日 サンパウロ市で狂犬病の予防接種=6月3日まで2064カ所で ニッケイ新聞 2012年5月23日付け  サンパウロ市保健局が、21日から6月3日まで、狂犬病の予防接種キャンペーンを実施している。21日付伯字紙が報じた。 […]
  • ドル安で海外旅行ブーム=冬休みツアーは完売状態2007年6月2日 ドル安で海外旅行ブーム=冬休みツアーは完売状態 2007年6月2日付け  【エスタード・デ・サンパウロ紙二十九日】ドル安の影響で海外旅行が人気を博している。とくに六月七日のコルプス・クリスティの休日で連休を決め込む人が多く、さらに七月は学校が休暇となることから旅行に拍車がかかる。 […]
  • 雇用と所得が増大=9月は過去2年の最高水準に2004年10月26日 雇用と所得が増大=9月は過去2年の最高水準に 10月26日(火) […]
  • ポウパンサ=5万レアル以上に税=選挙年の金利増を避ける2009年9月16日 ポウパンサ=5万レアル以上に税=選挙年の金利増を避ける ニッケイ新聞 2009年9月16日付け  基本金利と通貨政策に余裕を持たせるためマンテガ財務相は十四日、五万レアル以上のポウパンサ(貯蓄投資)配当金に、二〇一〇年から課税する法案を上程する意向と十五日付けフォーリャ紙が報じた。 […]