ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | ブラジル政府=国家公務員の希望退職募る=勤務時間減と減給の計画も=5千人削減で財政目標達成へ=暫定令の早期成立狙う

ブラジル政府=国家公務員の希望退職募る=勤務時間減と減給の計画も=5千人削減で財政目標達成へ=暫定令の早期成立狙う

ジオゴ・オリヴェイラ企画相(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agência Brasil)

ジオゴ・オリヴェイラ企画相(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agência Brasil)

 【既報関連】今年の財政目標である、基礎的財政収支の赤字額を1390億レアル以内におさめるため、ブラジル政府は燃料関連税の引き上げに続き、国家公務員への希望退職計画(PDV)を作成中と、25日付現地各紙が報じた。

 ジオゴ・オリヴェイラ企画相の見解では、これにより1年につき10億レアルの支出削減になるという。国家公務員へのPDVは、フェルナンド・エンリケ・カルドーゾ政権時代(1995―2003)の1996年に5千人の国家公務員を削減して以来のことだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ