ホーム | 文芸 | 刊行 | サ紙=『ブラジルの大地に生きる』刊行=全伯120人に取材した大作

サ紙=『ブラジルの大地に生きる』刊行=全伯120人に取材した大作

同書の表紙

同書の表紙

 昨年の創立70周年記念事業の一環としてサンパウロ新聞社は先日、『ブラジルの大地に生きる―日本人・日系人の足跡―』を刊行した。
 同書は2015年の日伯修好120周年に併せて、松田正生記者を中心に全伯各地に在住する120人の日本人及び日系人を対象に取材したもの。移民人生の軌跡や、本人をとりまくその土地の日系社会の歴史を取りまとめた一大労作だ。
 戦前戦後の家族移民、呼び寄せ移民や単身移民、花嫁移民、技術移民、企業移住者やその子弟などの様々な人生が、移住後の困難や家族の不幸、政治経済の荒波に揉まれた現実を通して描かれる。成功者だけでなく、挫折や再起する姿も記事には克明に刻まれている。
 まえがきで「一人一人がブラジルで自身または家族の生活を築いている。その歩みを少しでも記録に残せたら」との思いで取材を進めたと松田記者は明かす。各地域の発展に貢献してきたその功績は、「歴史に確かに刻まれている」と振り返り、協力者に謝意を述べている。同書は一冊80レアルで販売中。問合せは同紙(11・3347・2000)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日系社会にとって2019年はどんな年か?2019年1月9日 日系社会にとって2019年はどんな年か?  日系社会にとって、2019年はどんな年になるのか?――ブラジルではボルソナロ新大統領が就任した一方、日本では平成の世が30周年を迎え、5月に改元するという大きな節目にある。  四世ビザ制度が軌道に乗れない中、34万人もの外国人労働者を受け入れる方向に日本政府は大きく […]
  • 藤田大使ら先駆日系人映画に=パラナ連邦大学、岡本教授ら企画=110周年で19日に先行上映会2018年12月27日 藤田大使ら先駆日系人映画に=パラナ連邦大学、岡本教授ら企画=110周年で19日に先行上映会  日系人が余り進出してない分野で活躍する先駆的人物を取り上げるドキュメンタリー映画プロジェクト「Nipo―Brasileiro」の先行試写会が19日夜、サンパウロ市のブルーツリーホテルで開催され、関係者ら約90人が集まって第1話を鑑賞した。企画したのはマリア・リガヤ・ア […]
  • ブラジル三井物産=基金で社会貢献10年目=教育、医療、漁業など多彩=改革で自立自走化支援へ2017年8月8日 ブラジル三井物産=基金で社会貢献10年目=教育、医療、漁業など多彩=改革で自立自走化支援へ  ブラジル三井物産(土屋信司社長)が運営する「ブラジル三井物産基金」が設立10年目を迎え、『基金改革』を行っている。『支援対象プログラムの自立自走支援』などを社会貢献活動の新たな方針として掲げ、広報も強化していく。日系企業が基金を作って社会貢献をするのは、三菱系企業によ […]
  • 式典での鏡割りの様子2015年3月14日 パラナ州=日伯修好120周年開幕式=州県45年、入植百周年も=知事「日本式は州の理念」  【長村裕佳子クリチーバ通信員】今年は日本ブラジル外交関係樹立120周年、パラナ州日本人入植百周年、パラナ州兵庫県姉妹州県提携45周年の三つの節目を迎えることから、パラナ州政府、在クリチーバ日本国総領事館、パラナ州記念事業実行委員会の合同で12日、クリチーバの州政庁で記念事 […]
  • 深沢さんと深野さん2014年7月9日 国際交流基金=深野昭所長が退任=深沢陽氏が新所長に  国際交流基金サンパウロ日本文化センターで2011年4月から所長を務めていた深野昭さん(61、新潟)が退任し、深沢陽さん(59、神奈川)が新所長に就任、1日に挨拶のため本紙を訪れた。 深野さんは、「海外赴任は二度目だったが、ブラジル社会も文化も知らなかったので不 […]