ホーム | コラム | 樹海 | カリスマ医師、日野原重明氏を偲ぶ

カリスマ医師、日野原重明氏を偲ぶ

 7月18日、超遅咲きのカリスマ医師といわれた日野原重明氏が105歳で亡くなった。聖路加病院名誉院長で、地下鉄サリン事件の際、サリンガスに違いないと最初に気づいた医師だ▼日野原医師は97歳だった08年に、移民100周年の記念事業の一つとしてブラジルに招かれ、複数の場所で特別講演なども行った。「日野原先生は『増やすなら微笑みのしわを』と話された」(ロンドリーナ市のコーラスの指導者、田中宏枝氏に関する12年2月4日付記事)など、同医師と交流した方のいる事を示す記事やコラムが弊紙にも残っている▼100歳を過ぎても3年先までスケジュールが一杯で、常に、10年、20年、30年先を見据えて行動した日野原氏は、生涯、現役の医師であり続けた。老いてもなお新しい交友関係を築く事を積極的に後押しする「新老人の会」を設立したり、『子どもを輝かせる100のお話』などの子供向けの本を執筆したりもしていた。「子どもを輝かせるためにアートを」と題した頁には、「成長する子どもに 欠かせないもの それはきれいな空気 きれいな水 天からの風と そして緑の山と野」という文もあるし、「葉っぱのフレディ」というミュージカルに自らも参加し、命の大切さを教える活動なども行った▼「人の価値は、その人が集め、蓄えたものではなく、その人が与え、残したもので決まる」と言われた事がある。そういう意味で、日野原氏が残した言葉や著作、その生き様が、直接、間接に同氏と接した人々に与えた力や思い出は、同氏の価値のものさしのひとつと言えるだろう。最後まで前を向き、人々に力や希望を与え続けた同氏に倣う者でありたい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 今も続く行方不明者の家族の心痛2019年7月25日 今も続く行方不明者の家族の心痛  ミナス州ブルマジーニョでの鉱滓ダム決壊事故から6カ月。248人の死亡が確認されたが、22人は今も行方不明。現場では今も遺体捜索活動が続いている▼当事者や周囲の人がトラウマに陥る事は、どんな小さな出来事でも起こり得る。寝ている間に母親が買い物に出てしまい、目覚めた子供が這い回っ […]
  • ブラジル五輪名選手として殿堂入りした戦後移民2019年7月24日 ブラジル五輪名選手として殿堂入りした戦後移民  「東京五輪(1964年)の日本代表に入りたくて練習を積んできたのに、三次予選で岡野功に負けた。本当に悔しかった。それで一端は柔道を諦めて、ブラジルでファゼンデイロ(大農場主)になろうと思って、早稲田大学の卒業式の翌日、移民船に乗ってやってきた」―五輪名選手殿堂入りが決 […]
  • 大統領「息子を優遇して何が悪い?」には幻滅2019年7月23日 大統領「息子を優遇して何が悪い?」には幻滅  大統領には、本当にいい加減にしてほしい。まだ下院の社会保障改革案承認の2回目が控えており、いわば詰めの段階だ。本来なら今こそが政権の最重要課題の正念場、一番大事な時だ。それなのに大統領は、開いた口が塞がらないような発言を各方面に連発して、世間を呆れさせ、重要案件への集 […]
  • 小さな注意が大きな差を生む2019年7月18日 小さな注意が大きな差を生む  このところ、気を重くさせるような話ばかりが続いていたが、サンパウロ州海岸部のサンヴィセンテの町からちょっと嬉しい話が届いた▼主人公は大天使ミカエルのシャラー(同名の人)で、8歳の少年だ。ミカエル君は常々、「僕が使うバス停はいつもごみで汚れている」とこぼしていた。母親のミカルさ […]