ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》鶏肉輸出量が回復=3月の食肉偽造疑惑の発覚以来初めて

《ブラジル》鶏肉輸出量が回復=3月の食肉偽造疑惑の発覚以来初めて

ブラジル産食肉への信頼が少しずつ回復している(参考画像 - Jonas de Oliveira/ANPR)

ブラジル産食肉への信頼が少しずつ回復している(参考画像 – Jonas de Oliveira/ANPR)

 ブラジル動物性蛋白協会(Abpa)が2日、7月のブラジルからの鶏肉輸出量が、昨年7月の36万2400トンから6・2%増の、38万5千トンを記録したと発表した。
 これは、ブラジル食肉産業に大きな打撃を与えた、3月の食肉偽造疑惑摘発(カルネ・フラッカ作戦)以来、初のポジティヴな結果だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ