ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》勤続期間保障基金の引き落とし総額440億レアル=3割超は負債の穴埋めに

《ブラジル》勤続期間保障基金の引き落とし総額440億レアル=3割超は負債の穴埋めに

ジウベルト・オッシCaixa頭取(Jose Cruz/Agencia Brasil)

ジウベルト・オッシCaixa頭取(Jose Cruz/Agencia Brasil)

 ブラジル連邦貯蓄銀行(Caixa)は7日、今年3月10日から7月31日まで行われた、勤続期間保障基金(FGTS)の休眠口座の資金開放で、ブラジル国民2590万人が総計440億レアルを引き出したと発表した。7、8日付現地各紙・サイトが報じている。
 440億レアルという金額は、Caixa側が想定していた498億レアルのおよそ88%にあたる。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ