ホーム | ブラジル国内ニュース | リオ市=最高裁メンデス判事に対し抗議行動=左派政治家や芸能人が団結し

リオ市=最高裁メンデス判事に対し抗議行動=左派政治家や芸能人が団結し

 リオ市で24日、最高裁のジウマール・メンデス判事がリオ地裁の判断を覆し、企業家の容疑者を釈放したことに関する抗議活動が、芸能人や政治家が手を組む形で行われた。25日付現地紙が報じている。
 ことの発端は、リオ地裁でラヴァ・ジャット作戦を管轄するマルセロ・ブレタス判事が、リオでは「バス王」とも呼ばれる企業家のジャコブ・バラッタ・フィーリョ容疑者と、リオ州乗客輸送企業連盟(フェトランスポール)元会長のレーリス・テイシェイラ容疑者らを逮捕させたのに、メンデス判事が人身保護令の適用を決めたことだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ