ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 日伯協会(三野哲治理事長、兵庫県神戸市)の会報『ブラジル』976号(12頁)が7月末に刊行された。木村元総領事の「クリチバ雑感」によれば《クリチバ市民は非常に保守的で、企業が新商品を売り出すときには、まずクリチバで試すそうです。ここで売れれば、ブラジル全土でまず間違いなし》という土地柄とか。神戸の名所「海外移住と文化の交流センター」の周囲にはイッペーの木が全部で22本もあり、《今年は、地植えして3~4年の小さな木から20年近くたつ成木まで、すべての木に花が咲きました》とのこと。他にも神戸市繁華街、元町交番の周りに5本、大丸百貨店前にも2本あるとか。ブラジルに縁があるだけに神戸は「イッペーが咲く町」だ。
     ◎
 本日のブラジル山口県人会創立90周年記念式典のために来伯した山口県の村岡嗣政知事、河村建夫衆議らが25日、サントスFCのホーム、ヴィラ・ベウミロ競技場を訪問したそう。ちなみに山口県下関市とサントス市は1971年に姉妹提携を結んでいる。一行が競技場を訪れると、モデスト・ロマ同FC会長は「日本移民は100年前にここへ上陸し、カズ選手もうちでボールを蹴った」と歓迎したそう(www.santosfc.com.br/governador-de-yamaguchi-ken-do-japao-visita-a-vila-belmiro/)。本日式典に行かれる人は、サッカーの話題を振ってみては?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2015年1月8日 大耳小耳  熱狂的なサポーターで有名な伯国のサッカーチーム・コリンチャンスが大阪府貝塚市にアカデミーを設立する構想を進めていると読売新聞が報じた。伯国、米国に続きアジア地域にもアカデミーを開設しようとしていた同チームと病院や学校などの跡地約37ヘクタールの利用者を探していた同市の思惑 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]
  • 本橋 幹久2015年1月8日 新年のごあいさつ 2 県連あいさつ文=日伯120年の絆=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋 幹久  新しい年2015年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 本年は「日本ブラジル外交関係樹立120周年」の節目の年に当たります。1895年に締結された「日伯修 […]