ホーム | 日系社会ニュース | 二天古武道がイベント開催=大和魂、日本人の誇りに感涙

二天古武道がイベント開催=大和魂、日本人の誇りに感涙

岸川代表を中央に囲んだ集合写真(提供写真)

岸川代表を中央に囲んだ集合写真(提供写真)

 原爆投下から72年の節目を迎え、二天古武道研究所(岸川ジョージ代表)は、『大和魂を蘇るイベント』を5、6両日に、ビラ・マリアナ区中央寺院日教寺及びコペルコチアで開催した。
 宮本武蔵開祖の二天一流の免許皆伝し、日本古来の武士の伝統を普及させることを目的に1993年に創立された同研究所。現在、ブラジルを拠点としてアルゼンチン、メキシコ、チリ、ウルグアイ等におよそ50の道場を持ち、800余人の弟子が剣術、居合術、杖術3部門で稽古に励む。
 同イベントには、全伯やアルゼンチンから120人の生徒が集い、戦後の勝ち負け抗争を描いた映画『汚れた心』(ビセンテ・アモリン監督、2012年)を鑑賞した。
 その後、岸川代表が、勝負抗争が起こった背景や臣道連盟について説明。日本移民への強い偏見があるなか、誇りを失わず身を粉にして働いた先人の功績を称えて、日本人の誇りを説くと、生徒らは感動のあまり涙を流したという。
 リベイロン・プレットから参加した鈴木ラファエルさんは、「先祖はいろんな困難を乗り越えて、我々の世代がより良く生きられるように苦労された。この過去を忘れることは決してできない」として、「研究所は、日系人としての大和魂を想い出させるところ」とコメントした。
 その後、小原彰陸軍少将の協力を得て、コペルコチアで修行を行った一行。原爆死没者追悼のため黙祷を行ったのち、神道夢想流杖術、一心流鎖鎌術、一角流十手術、関口流居合術など、岸川代表の指導を受けて、およそ10時間の稽古を積んだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》人間開発指数で189カ国中84位に=若干改善もランキングは低下=法定アマゾンへの警告も2020年12月16日 《ブラジル》人間開発指数で189カ国中84位に=若干改善もランキングは低下=法定アマゾンへの警告も  国連開発計画(UNDP)人間開発報告書室の発表によると、19年のブラジルの人間開発指数(HDI)は0・765で前年の0・762より改善したが、他国の改善度が高く、ランキングは189カ国中79位から84位に低下したと15日付現地サイトが報じた。  HDIは保健、教育、 […]
  • 《ブラジル》コロナ禍でワインが売れる=1~8月販売量が37%増加2020年11月4日 《ブラジル》コロナ禍でワインが売れる=1~8月販売量が37%増加  新型コロナウイルスのパンデミックの中、ブラジル国内では1~8月のワインの販売量が大幅に増えた。「国産高級ワイン」の販売量も増大しており、国内のワイン生産者達は新しい消費者をつなぎ止めようと、国産ワインの売り込みに力を入れている。  ブラジルでの「ワイン」の販売が伸び […]
  • JICA=日系社会と地域人材の育成研修=中南米、非日系人も参加可能2020年10月30日 JICA=日系社会と地域人材の育成研修=中南米、非日系人も参加可能  独立行政法人国際協力機構(JICA)は中南米地域12カ国から「日系社会とその属する地域の発展に貢献する人材を育成すること」を目的に日系・非日系問わず各分野への研修員を募集している。  募集する研修分野は農業、保健医療、教育、情報通信、民間セクター、自然環境保全など多 […]
  • アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<4>2020年10月15日 アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<4> アジアを股にかけるネパール商人  「日本の商品はオリジナルで、品質に保証があります。また、日本人は言うことが二転三転せず、約束を守るのでとても信頼できます」と語るのは、ネパール人ラン・ハリ・サプコタさん(38、ヌワコット生まれ)。  大学卒業後、マレーシアで約10年 […]
  • 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語2020年7月28日 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語 5億年と37億年の差  一般的には「ブラジルは独立200年未満の新しい国」で、「日本は数千年の伝統を誇る古い国」というイメージが強い。だが、見方を変えると、ブラジルの方がはるか古いものがある。地層だ。  日本で一番古い地層は、茨城県日立市の周辺の5億年前の地層だという。《茨 […]