ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》税収不足の深刻度高まる=1~7月で385億レも=赤字上限引き上げてもまだ?

《ブラジル》税収不足の深刻度高まる=1~7月で385億レも=赤字上限引き上げてもまだ?

経済の回復は明らかで、来年はより力強い歩みで始まると見るメイレーレス財相(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agência Brasil)

経済の回復は明らかで、来年はより力強い歩みで始まると見るメイレーレス財相(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agência Brasil)

 ブラジル財務省財務局のデータによると、1~7月の税収は、予算作成時の税収予想を385億レアルも下回っており、基礎的財政収支目標の赤字上限額を1590億レアルに引き上げても目標達成が危うい状況だと1日付現地紙が報じた。
 今年度と来年度の基礎的財政収支の目標を1590億レアルの赤字とする件は、来年度予算案提出期限である8月31日未明になっても変更動議の採決が終わらず、5日以降に先送りされたが、赤字上限を1590億レアルに引き上げる事を検討していた時、政府の経済スタッフは、今年の税収は今年度の予算より500億レアル少なくなると予想していた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ