ホーム | コラム | オーリャ! | 軽々と性別の壁を越えたブラジル化粧文化

軽々と性別の壁を越えたブラジル化粧文化

客の呼び込みをするドラァグ・クイーン

客の呼び込みをするドラァグ・クイーン

 12日まで美容・化粧品市のビューティー・フェアがセンターノルテ行われている。南米最大規模と言われ、出展社も客を呼び込むため様々な工夫を凝らしている。
 ドラァグ・クイーン(女装演技者)や化粧をした男性などを配置して客を呼び込んでいるところでは、多くの女性客が商品購入だけでなく彼らとの写真撮影のために並んでいた。
 国産化粧品会社Vultは2階建ての展示場を作り、外壁に同社商品で化粧をした男性などの顔写真を大きく写し出した。その横にある「違いを生きる」「Vult、あなたのやり方で」という広告フレーズが目立っていた。
 人種多様性に富んだ国ブラジルだけに、様々な肌の色に合わせた化粧品が元々展開されている。今はさらに、性別の壁すらも軽々と越えて化粧を楽しむ広がりを感じさせた。(雪)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本宗教がディズニー監督の心の支え2017年5月23日 日本宗教がディズニー監督の心の支え  ブラジル人初のディズニーアニメ映画監督となった松田レオナルドさんとの取材後、「もしも書きたければ、私が創価学会で仏教を学んでいることを記事に加えても大丈夫です」と松田さんからメールが入った。  調べてみると同学会のニュースサイト「SEIKYO Online」に3月27日付け […]
  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • 「限界だ!!」2020年6月16日 「限界だ!!」  新型コロナウイルスの影響により、外出自粛が始まり早くも3カ月弱が経とうとしている。  ある夜、オーリャ子の夢の中では、災禍前の活気溢れるリベルダーデ街の風景が広がっていた。全ての店が開き、カメロー(露天商)も盛大に路上販売をしている。  人通りも多く、少し歩くだけ […]
  • 「停電」も意外と良いもんだ?2020年6月2日 「停電」も意外と良いもんだ?  17日、クアレンテーナ(検疫)中の日曜朝10時、起床していつもどおりシャワーを浴びようとバスルームにいくと、お湯がでない。「壊れたのか?」と思ったら電気もつかず、停電していた。  どうやら予告なしの電気工事が家の前で行われていることが停電の原因だそう。「不便だな…」 […]
  • ブラジルの沖縄文化を支える非日系人2019年5月16日 ブラジルの沖縄文化を支える非日系人  「“まくとぅ”は日本語で誠という意味。分かるよね?」と説明し琉歌を吟じ始めたのは、南麻州カンポ・グランデ市在住のクリスチアン・プロエンサさん(27)だ。野村流古典音楽協会ブラジル支部の創立65周年記念公演に出演するために上聖。非日系人だが日本語を話し、ウチナーグチも少 […]