ホーム | イベント情報 | 『NHK短歌』を視聴しよう!=マルシアが移民短歌を紹介

『NHK短歌』を視聴しよう!=マルシアが移民短歌を紹介

来社した上妻さん

来社した上妻さん

 日系人歌手マルシアさんの目に止まり、本紙歌壇で選者を務める上妻博彦さん(84、鹿児島)の短歌が、17日午前6時(日本時間)からNHKEテレで放送される番組『NHK短歌』内で紹介される。
 今回紹介されるのは、「移民らのもたらしし柿この国の秋は五月と違わず熟す」―。「この国の気候風土の中にあっても、柿は柿で在り続けて欲しい」との移民一世らしい上妻さんの願いが込められた一首。第10回海外日系芸能祭で角川編集部賞を受けた作品だ。
 それを偶然見つけたのがマルシアさん。苦難の末、柿の品質改良に成功した一世の祖父・西家佐登里さんの姿を重ねたと言い、「ぜひ番組で紹介したい」との強い意向により、取上げられることになったという。
 番組制作の現場で働く上妻さんの弟が奇遇にも番組関係者と繋がりがあったといい、上妻さんは、「本当に不思議なご縁で驚いている」と率直に喜びを語り、感謝の気持ちを込めて、マルシアさん宛てに以下の即詠三首を詠んだ。
 「歌壇には不向きのはずのわが歌に心をよせしマルシヤを思う」「柿の里モジ生まれの歌い手に今ぞ贈らんムイトス・アブラッソス」「わが歌をみとめしマルシヤ日系のバイリンガルの旗手とぞなれ」
 放送は16日午後6時から25分と、再放送は19日午前3時から25分の2回。詳細は同サイト(http://www4.nhk.or.jp/nhktanka/)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第14回4カ国語お話大会=松柏学園・大志万学院、5日2019年10月1日 第14回4カ国語お話大会=松柏学園・大志万学院、5日  松柏学園・大志万学院は日ポ英西4カ国語による『第14回お話大会』を5日午前8時から同学院(Rua Ferdinando Galiani, 80, Vila […]
  • 県連故郷巡りアマゾン=90周年に沸く「緑の天国」=(17)=ベネズエラ難民が多いマナウス2019年11月5日 県連故郷巡りアマゾン=90周年に沸く「緑の天国」=(17)=ベネズエラ難民が多いマナウス  ベレン市で90周年の式典を終え、一行は15日の朝に飛行機でマナウスへ向かった。空港では、トメアスーとベレンの式典に出席していた、西部アマゾン日伯協会の竹田ヴラジミル満音副会長(60、二世)と再会した。  記者が拙いポルトガル語で話しかけようとすると、「日本語で大丈夫 […]
  • 移民の経験を評価し直すありがたい国際学会2019年9月10日 移民の経験を評価し直すありがたい国際学会  「日系人にとって郷土料理とは何か」、「日系人にとって郷土とは何か」、「現在日本における『日本文化?』の流動性」、「言葉とアイデンティティの関係を過度に重視する問題」――などなど、気になるキーワードがたくさん専門家から語られた興味深い国際学会が4~6日に、聖市のジャパン […]
  • 池上教授=グローバル人材の活躍支援を=在日伯人の永住化傾向指摘=静岡県、滞在20年超45%も2019年2月22日 池上教授=グローバル人材の活躍支援を=在日伯人の永住化傾向指摘=静岡県、滞在20年超45%も  「日本のブラジル人コミュニティでは高齢化が進み、親族が集中して住むようになり、永住化傾向が顕著」――そんな興味深い研究結果を、静岡文化芸術大学副学長、池上重弘教授は20日、聖市のジャパン・ハウスで講演し、満員となる120人が熱心に耳を傾けた。日本のブラジル人コミュニテ […]
  • 生き残りを模索するニッケイ新聞2019年6月25日 生き残りを模索するニッケイ新聞  日本移民の日の特集号に掲載した「サンパウロ新聞廃刊の経緯」には、日本側を含め、各方面からたくさんの反響が寄せられた。それだけあの廃刊は大きな衝撃を与えたのだと痛感した。  と同時に、「ニッケイ新聞はどう生き残るつもりなのか。戦略を説明しても良いのは」という意見も頂戴 […]