ホーム | コラム | オーリャ! | 日本人としての感性

日本人としての感性

 サンパウロ日本人学校の吉田校長は50周年式典で校訓「自主自立」「一所懸命」を紹介。「元来、本校は自由な校風であったが、子供が日本に戻ってすぐに馴染めるようにすることも大切。例えば、出し物で役割を与えてそれを楽しみながら全うしていくことで、責任感を身に付けて欲しい」と述べた。
 「現在のサンパウロ市近郊には350人の日本人子弟がいると言われていて、そのうち200人は本校で学び、150人はインターナショナルスクールに。インターナショナルスクールも自由な校風であり、差をつけるためにも日本の感覚を重視したい」と話した。
 ある教育関係者によると、インターナショナスクールの学費は日本人学校の数倍とか。駐在員子弟の授業料を企業が全額負担する場合、インターナショナルスクールに通わせることが多いとか。
 グローバル化が進む今だからこそ「日本人としての感性」が大事。どちらの方がその素養が身につけられる? (陸)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本宗教がディズニー監督の心の支え2017年5月23日 日本宗教がディズニー監督の心の支え  ブラジル人初のディズニーアニメ映画監督となった松田レオナルドさんとの取材後、「もしも書きたければ、私が創価学会で仏教を学んでいることを記事に加えても大丈夫です」と松田さんからメールが入った。  調べてみると同学会のニュースサイト「SEIKYO Online」に3月27日付け […]
  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • ユーチューブから始まった政治活動2019年3月8日 ユーチューブから始まった政治活動  「若手日系人の集い」で初めて知ったが、政治とは無縁だったキム・カタギリ連邦下議(23歳)が、社会問題に関心を持つようになったキッカケは、高校の授業で取上げられたボウサ・ファミリアだった。「国の発展のための政策だと教わったが、詳しく制度を調べてると、単なるばら撒きに過ぎないと思 […]
  • 軍政時代の生々しい話2019年2月19日 軍政時代の生々しい話  ある日の午後、陸軍予備役大佐の京野吉男氏を取材していたら、軍事独裁政権時代の話になった。当時の話はタブー視されている印象なので、このように聞くのは初めてだった。  軍政時代は1964年に始まり、85年まで21年間続いた。現在83歳の京野氏は、当時30代、40代。まさに軍人と […]
  • 独移民の町、ポメローデ2019年2月9日 独移民の町、ポメローデ  世界最大規模のオクトーバーフェストが催されるサンタカタリーナ州ブルメナウから、車で一時間ほど離れたところに「ポメローデ」というドイツ移民の町がある。〝ブラジルで最もドイツらしい町〟との名を冠するところだ。  ブルメナウからは近いが、ポメローデ行きの路線バスは一日数本しか出て […]