ホーム | 日系社会ニュース | 広島県=「広島・キューバ展」開催=日本移民も戦中、革命で苦難

広島県=「広島・キューバ展」開催=日本移民も戦中、革命で苦難

展示ポスター

展示ポスター

 広島県から多くの移民が海を渡りブラジルの地に生活を根付かせたが、キューバへの移民史はあまり知られていない。広島市で9月16日から29日まで開催される「広島・キューバ展」(同実行委員会主催)は、カリブ海での島国の移民の苦難の歴史に当てる。実行委員事務局長を務めるのは元ニッケイ新聞記者の堀江剛史さんだ。
 中国新聞(本紙提携)12日、13日付などの記事によれば、19世紀末から始まったとされるキューバへの移民の1割が広島県人で、現在は1200人ほどの日系人が住んでいるとされる。展示は写真13点を用いて、邦人のまとめ役となった広島出身の故内藤五郎さんと日本人移民の歩みを伝える。
 内藤さんは1908年、19歳のときに先に渡航していた兄に呼び寄せられ、荒地を開墾する厳しい労働に従事した。その後、青果市場で事業が軌道に乗るが、日米開戦で敵国人とみなされ、刑務所に収容され、財産は募集される。
 戦後、小さなカフェを営んだが、59年のキューバ革命で店を接収されしまう。漁業公社に職を得て、日系人のまとめ役として64年の慰霊堂建設に尽力した。
 堀江さんは「キューバ移民も戦時中は強制収容され、革命で財産も接収されと、ブラジルに負けず劣らず時代に翻弄される歴史があったようです。2008年に同じ会場であった『ブラジル移民百周年写真展』は過去最高の入場者数を記録した。それを越えられればありがたい」と本紙にメールでコメントした。
 59年、チェ・ゲバラが広島に訪問した際の写真や手紙なども展示される。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 過去の誤りを認めさせるために=サンパウロ市在住 奥原マリオ純(原文ポ語)2018年3月8日 過去の誤りを認めさせるために=サンパウロ市在住 奥原マリオ純(原文ポ語)  本年はブラジルへの日本移民110周年であり、そしてまた世界人権宣言が採択されてから70年の記念の年であります。国際連合は、第2次世界大戦でなされた残虐な行為に鑑みて、1948年12月10日に人権条約の基礎となる宣言を採択しました。  数多くの日系アメリカ人や日系カナ […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 大耳小耳2017年10月24日 大耳小耳  ニッケイ新聞の「日本文化」シリーズの電子書籍がe-galaxiaから出版された。ポ語のみ、各巻14・90レアル。詳細はe-galaxiaの日本文化ページ(http://urx2.nu/GClY)へ。また、インターネット通販サイトAmazonでも『Amazonia 日本人移住八 […]