ホーム | イベント情報 | サントアマーロ=新鮮な野菜販売が目玉=慈善バザー、15日

サントアマーロ=新鮮な野菜販売が目玉=慈善バザー、15日

(左から)吉井会長、今井副会長

(左から)吉井会長、今井副会長

 サントアマーロ連合婦人会(吉井友子会長)は、『慈善バザー』を15日午前9時から午後5時まで、サントアマーロ文体協会会館(Rua Vigario Taques Bittencourt, 211)で開催する。
 40年以上の歴史を持つバザーで、毎年400人近くが来場する同会の一大イベント。同婦人会によるお手製の焼き蕎麦、うどん、牡丹餅などが販売されるほか、およそ25のバザリスタによる衣類や化粧品等の輸入品販売も行われる。
 案内に来社した吉井会長、今井陽子副会長は、「各支部から寄付された白菜やレタスなど種々の新鮮な野菜販売も目玉の一つ。婦人会お手製の焼き蕎麦も絶品ですので、是非こぞって参加して下さい」と呼びかけた。
 なお、29日午前9時からは同会館で、サントアマーロ連合日本人会主催の演芸会も開催される。
 問合せは、吉井会長(11・5548・9405)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ