ホーム | 文芸 | 連載小説 | わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇 | わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(73)

わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(73)

 然もその高校選抜チームの中に糸満市喜屋武出身の慶留間君がいた。
 彼は、字米須のウマイキーナングスク生まれのオバーの孫にあたる少年ということで特別親近感を感じ、うるま会館に招き激励会を催し交流を図った。

 これが契機となり1989年7月30日にはサンベンナルド・ド・カンポ市から特別に招待され、再度高校選抜チーム17名が来伯した。
 チームメンバーは別だが高江洲理事長が率いる17名はサンベンナルド・ド・カンポでジュニアチームと親善試合に参加して、その誼みで1994年にもサンベンナルドカンポ市から招待を受けて来伯親善試合で交流を深めた。
 但し高校生のサッカーに対する技術・能力や関心がどの程度伸展があったかは聞いてない。

4 沖縄県人移民80周年

県人会50周年記念祭典を挙行
日時:1988年9月17日
場所:在伯沖縄県人会会館大講堂

 1988年9月16日から18日まで3日間にわたる沖縄県人移民80周年・県人会創立50周年記念式典並びに祝賀会が開催された。

 戦後移民最盛期の1958年に移民50周年祭がイビラプエラ工業会館で盛大に挙行されたのを記録で知っているが、以来10年毎に周年行事が開催されてきた。

 1978年には、千人収容の堂々たる新会館建設を成し遂げ、そのこけら落としと県人移民70周年祭典がかつて見ない盛大な記念祭典として開催された。

 しかしながら私は、あまたの開拓先亡者たちの栄誉を称え、その霊を慰めるための行事をいまだ見たことがなかった。

 そこで80周年祭典にさいして、先人諸霊にたいする初めての追悼法要を記念祭典行事の一環として取り入れることにしたのである。
 祖先崇拝の念に深いわが県人たちにとって、80年この方、先人たちの偉業をかえりみて偲び讃える機会がなかったことは極めて残念と云う思いからであった。

 そこで企画されたのが、いわゆる「開拓先亡者追悼法要」である。
 ところが初めてのことで、その儀式や形式も知らないまま常識的な形式を考慮して曹洞宗南米別院仏心寺住職次山一道師の指導を受けながら、琉球古典音楽の野村流音楽協会相談役の仲本魁作師範と相談した。

 仲本氏は、開拓先亡者の苦難を追想し、その遺徳を偲ぶには琉球古典音楽の「十七八節」のしめやかで荘重な曲想が最も適しているだろう、と提示してくれた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り2019年1月4日 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り  大晦日のサンパウロ市風物詩、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が主催する第48回餅つき祭りが、31日午前9時からリベルダーデ日本広場で開催され、2万袋の紅白餅が配られたほか、グローボ局が昼のニュースSPTVで生中継した。  まず来賓らが順番に餅つきに […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 「ブラジルで農業を学びたい!」=兵庫県高校生ら農業研修で来伯2018年11月20日 「ブラジルで農業を学びたい!」=兵庫県高校生ら農業研修で来伯  次世代の農業リーダー育成を目指し兵庫県が実施する、『第40回若手地域農業リーダー育成研修制度』が4~17日まで実施された。県内の農業高校、大学に通う学生13人が参加し、サンパウロ、パラナ州各地の日系農家や団体などと交流した。  兵庫県立農業高等学校の佐々木達望さん( […]
  • 熊本県文化交流協会60周年祝う=54人の大型慶祝団迎え=田呂丸会長「留学生・研修生の存続を」2018年11月14日 熊本県文化交流協会60周年祝う=54人の大型慶祝団迎え=田呂丸会長「留学生・研修生の存続を」  ブラジル熊本県文化交流協会(田呂丸哲次会長)の創立60周年記念式典(小山田祥雄実行委員長)が、サンパウロ市の同会館で4日に開催され、母県からは小野泰輔副知事、森浩二県議会副議長、松田三郎県議、植松浩二熊本市副市長、田辺正信(まさのぶ)同市副議長らを始め、熊本日伯協会( […]
  • 県連故郷巡り=アララクアラ、ノロエステ巡訪=(1)=近年最多、参加者は159人=州境の町、ジャーレスへ2018年10月17日 県連故郷巡り=アララクアラ、ノロエステ巡訪=(1)=近年最多、参加者は159人=州境の町、ジャーレスへ  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「第49回故郷巡り」が、先月20~25日の6日間、グローバル旅行社により催行された。今年で30年目を迎える今回のツアーの訪問地となったのは、旧アララクアラ鉄道から旧ノロエステ鉄道にまたがる地域だ。近年では最多と見られる1 […]