ホーム | 日系社会ニュース | 110周年記念キャンペーン=最古の移住者を探せ

110周年記念キャンペーン=最古の移住者を探せ

 探しています、最古の移住者――印刷会社グラフィカ・パウロスの島袋レダさんの発案により、来年迎える110周年に向けた記念キャンペーン「感謝プロジェクト」として、一番古い移住者を探している。
 目安として1910、20年代に伯国に移住し、現在もご存命の人が対象となる。また、100歳越えの日系二世も調査中。
 問合せは、ニッケイ新聞編集部の國分(11・3340・6060)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 眞子さまのお言葉=在トメアス日系社会歓迎行事にて=7月27日 トメアス文化農業振興協会2018年8月2日 眞子さまのお言葉=在トメアス日系社会歓迎行事にて=7月27日 トメアス文化農業振興協会  ご列席の皆様、1908年の6月に、最初の移民船「笠戸丸」がサンパウロ州のサントスに入港してから110年が経ち、「ブラジル日本人移住110周年」という記念すべき年に、ブラジル政府のお招きによりブラジルを訪れ、皆様にお会いできましたことを、大変嬉しく思います。ブラジルは私にとって […]
  • 「名護市出身の80歳以上は連絡を」=市が呼びかけ、高齢者表彰で2018年3月23日 「名護市出身の80歳以上は連絡を」=市が呼びかけ、高齢者表彰で  沖縄県名護市(渡具知武豊市長)が名護市出身の80歳以上の高齢者を探している。今年8月に開催される同県人移民110周年記念式典で高齢者表彰を行なう予定だ。  表彰は1995年から5回目。同市出身の故花城清安さんが設立、初代理事長を務めたジアデマ市の沖縄文化センターで表彰式と祝 […]
  • マナウス=日語教育関係者とご接見=活発な指導、普及に感心2018年8月1日 マナウス=日語教育関係者とご接見=活発な指導、普及に感心  【マナウス発=山縣陸人記者】眞子さまは7月26日、マナウスの日本語教育関係者14人とご接見され、活動について聞かれた。西部アマゾン日伯協会の日本語講座は、全伯最大級の生徒数を誇ることで有名。12歳から25歳の約700人が通っており、活発に日本語教育が行われている。  他にも […]
  • 菊地さん、協力呼びかけ=移民110周年へ県連会議で2017年3月9日 菊地さん、協力呼びかけ=移民110周年へ県連会議で  ブラジル日本都道府県人会(山田康夫会長)が先月23日、文協ビル内の県連会議室で『2月度代表者会議』を行った。新しく就任した県人会会長らが出席し活気ある雰囲気の中、110周年実行委員長の菊地義治さんが出席し、関連行事に向けて県連へ協力を呼びかけた。  菊地委員長は2018年に […]
  • 110周年リッファ当選者を発表!=プロミッソンに資金協力も2018年3月3日 110周年リッファ当選者を発表!=プロミッソンに資金協力も  【既報関連】ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会(呉屋春美祭典委員長)は、先月24日に抽選を実施した「移民110周年第1弾リッファ(協力券)」の当選者を、先月28日に開示した。当選者は以下の通り。 ▼1等=エドアルド・ナガトモ、2等==エレン・シバ・オハラ、3等=エルネ […]