ホーム | ブラジル国内ニュース | アルゼンチン議会選=カンビエモスが圧勝飾る=マクリ大統領の権力強まる

アルゼンチン議会選=カンビエモスが圧勝飾る=マクリ大統領の権力強まる

 22日、アルゼンチンで議会選挙が行われ、マウリシオ・マクリ大統領の与党カンビエモスが勝利を収め、同大統領による中道右派路線を強固なものとした。23日付現地紙が報じている。

 今回の選挙は「中間選挙」と呼ばれ、上院の3分の1(24議席)と、下院の半分(127議席)を入れ替える。

 これに関し、カンビエモスは上院で12議席、下院で61議席と、共に半数に迫る勢いで議席を獲得。上院で9議席、下院で20議席、勢力を増やした。

 これで下院では、これまで圧倒的に強かった正義党を抜いて第一党になり、上院でも同党に迫る2位の政党となった。

 それを象徴していたのが、ブエノス・アイレス地区での上院選だった。同選挙区から出馬したクリスチーナ前大統領は、当選は果たしたものの、マクリ政権の前教育相のエステバン・ブルリッチ氏に得票数で破れ、2位に終わった。

 クリスチーナ氏は正義党を抜けて新政党の「市民連合」を立ち上げ、上院で6人、下院で28人とカンビエモスにつぐ当選者を出した。

 だが、カンビエモスの当選者数には遠く及ばず、逆に正義党の地盤だったリオス、サンタフェー、メンドーサといった県の議席をカンビエモスに奪われた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》接種開始直前、さっそくコロナ・ワクチン詐欺が横行=国家衛生監督庁が警告2021年1月16日 《ブラジル》接種開始直前、さっそくコロナ・ワクチン詐欺が横行=国家衛生監督庁が警告  国家衛生監督庁(Anvisa)が12日、インターネット上で新型コロナの予防接種ワクチンを売るという虚偽の宣伝を行っているグループがいるので注意するよう警告を発したと同日付現地サイトが報じた。  Anvisaが出した声明によると、この事実をメディアの報道によって知った […]
  • 《ブラジル》ボルソナロ「本音では助成金欲しいんだろ」工場閉鎖のフォードにあてつけ=業界「ブラジル・コストが問題」と反発=無策ぶり批判する声も2021年1月15日 《ブラジル》ボルソナロ「本音では助成金欲しいんだろ」工場閉鎖のフォードにあてつけ=業界「ブラジル・コストが問題」と反発=無策ぶり批判する声も  ボルソナロ大統領は12日、米国の自動車大手フォードがブラジルで生産終了すると発表したことについて訊かれ、「彼らは隠しているが、本当は助成金が欲しかったんだ(Faltou a Ford dizer a verdade, né? Querem […]
  • 東西南北2021年1月15日 東西南北  13日に行われたリベルタドーレス杯準決勝第2試合で、サントスは本拠地の利をいかんなく発揮し、アルゼンチンの強豪ボカ・ジュニオルズに3―0で圧勝。第1試合が引き分けだったため、これで決勝に進出することが決まった。ボカはチームの功労者で昨年11月に急死したばかりのマラドーナに優勝 […]
  • 東西南北2021年1月14日 東西南北  12日、サンパウロ市アリアンツ・パルケで行われたリベルタドーレス杯準決勝第2戦でパルメイラスはリーヴェル・プレイト(アルゼンチン)に0ー2で敗れたが、第1戦での3ー0での勝利が効き、決勝に進出した。この日、リーヴェルの猛反撃の前にパルメイラスは終始劣勢。前半のうちに2点を奪わ […]
  • 《ブラジル》コロナ禍直撃! フォードが国内3工場の全閉鎖発表=直接雇用を5千人解雇=労組や政財界に激震2021年1月13日 《ブラジル》コロナ禍直撃! フォードが国内3工場の全閉鎖発表=直接雇用を5千人解雇=労組や政財界に激震  ブラジル国内で101年の歴史を誇る自動車メーカーのフォードが11日に突然、国内3工場での生産活動を年内に停止すると発表。寝耳に水だった労組や地元を中心とする政財界関係者らの間に激震が走った。12日には従業員による抗議行動も起きており、波紋は大きいと11、12日付現地紙 […]