ホーム | 連載 | 2017年 | 県連故郷巡り 伯国/ポルトガル/日本=不思議な〃三角関係〃 | 県連故郷巡り=ブラジル/ポルトガル/日本=不思議な〃三角関係〃=第9回=ここにも長期独裁政権

県連故郷巡り=ブラジル/ポルトガル/日本=不思議な〃三角関係〃=第9回=ここにも長期独裁政権

ポルトガルで独裁政権作ったアントニオ・サラザール([Public domain], via Wikimedia Commons)

ポルトガルで独裁政権作ったアントニオ・サラザール([Public domain], via Wikimedia Commons)

ブラジルで独裁者だったヴァルガス(By Governo do Brasil [Public domain], via Wikimedia Commons)

ブラジルで独裁者だったヴァルガス(By Governo do Brasil [Public domain], via Wikimedia Commons)

 9月19日昼にレストランで、グループ2の現地ガイド、ポルトガル在住28年の日系ブラジル人三世、河内仁志さん(かわうち・ひとし、70)に話を聞いた。

 生まれはサンパウロ州ポンペイア、日本語が実に達者で42歳までモジ市に住んでいた。勤めていた日本進出企業の建築会社がポルトガルEU加盟特需を見込んで、現地に支店を開設することになり駐在員としてやってきた。ところが日本の本社が経営不振に陥り、儲からない支社を閉鎖することになり、わずか4年で支社解散となった。

 「ポルトガルは良い所ですよ。治安も良いし、本当に住みやすい。子どももここに慣れて、あちこち引っ越しするの嫌だというから、自分のコンサルタント会社を作って、そのまま居ついたんです」とのこと。興味深い人物だ。

 河内さんは「僕が来た頃と比べると、別の国のようになりました。昔は人間が暗かった。ブラジル人とは人間性が異なる。たとえば会議やるでしょ。ブラジルと同じように冗談を言うと、不真面目だって言って睨みつけてくるような国だった。ムリもないんですよ。1974年まで独裁政権で、秘密警察が目を光らせていた。その名残りがあった時代」と振りかえる。

 アントニオ・サラザールは1933年に独裁政権「エスタード・ノーヴォ(新国家)体制」を確立し、なんと戦後まで維持した。ブラジルのヴァルガス独裁政権も一足遅れて1937年から「エスタード・ノーヴォ体制」を作った。ブラジルとポルトガルは近代史までそっくりだ。

 ヴァルガスは1945年末に軍クーデターでいったん失脚したが、サラザールはヨーロッパ史上最長の独裁体制を維持し、本人が死んだあと、なんと1974年まで続いた。とはいえ、ヴァルガスは1951年には選挙で選ばれて再び大統領になり、ブラジルの骨格ともいえる法体系や政治体制を作った。

 ポルトガルは1945年時点でアンゴラ、ギニア、モザンビーク、カーボベルデ、サントメ・プリンシペ、インド、マカオ、ティモールなどの広大な植民地を領有する「海上帝国」を維持していた。大航海時代からの歴史遺産で国家運営していた訳だ。

 ところが1960年に「アフリカの年」を迎えた。アフリカ大陸のフランス領を中心に17カ国が独立を達成し、脱植民地化が進んだ年だ。

 ポルトガル領でも1961年にアンゴラ独立戦争開始、同年に独立したインド政府がゴアなどに武力侵入、62年にはギニアビサウ独立戦争、64年にモザンビーク独立戦争が勃発し、西ヨーロッパの最貧国には莫大な負担となり、71年の国家予算中の軍事費は45・9%を占めた。

 これに国民が耐えかねて74年のカーネーション革命が起きて軍事政権が終わった。この無血革命で民衆は36年ぶりに自由を手に入れたが、新政権は脆弱で混乱つづきだった。

 国民は生活が疲弊しきっているのに、75年には植民地だったアンゴラ、モザンビークほか3カ国が次々に独立を達成し、多くの入植者が避難民となり、さらに敗残兵が本国ポルトガルへ大量帰還を始めた。75~79年頃のリスボン市街は引き揚げ者が失業者となって溢れ、貧困に喘いでいた暗い時代だった。まるで終戦直後の外地引き揚げ者が町に溢れた日本を想わせる光景だ。(つづく、深沢正雪記者)

 

 

 

 

 

 

□大耳小耳□関連コラム

     ◎

 ポルトガルに長期独裁政権を築いたサラザールの人生は、実に不思議な最後を迎えた。1968年8月にリスボン郊外の城で静養している時、昼寝中にハンモックから誤って転落し、頭部を強打して意識不明になり、奇跡的に意識を取り戻したのはなんと2年後。政権が後継者に渡り社会は動乱状態になっていた。だが、側近らは本人にショックを与えないよう、執務室を以前と同じ状態に保持して、動乱のことを一切触れない偽の新聞まで作って読ませ、本人が権力を失ったことで落胆しないよう配慮したとか。サラザールは執務室で何の意味もない命令書にサインする毎日を過ごした。偽の新聞を読んで晩年を過ごし、混乱状態にあることを知らないまま1970年に息を引き取ったとか。ヴァルガスもドラマチックな人生を送ったが、ポルトガルの独裁者の独特だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本移民110周年=サントス日本語学校の完全返還=ようやく訪れた「本当の終戦」=(2)=政府批判に腰が引けていた邦字紙2018年7月13日 日本移民110周年=サントス日本語学校の完全返還=ようやく訪れた「本当の終戦」=(2)=政府批判に腰が引けていた邦字紙  ブラジル日本移民百周年の際に、百年史編纂に関わり、邦字紙の歴史を書いた。その時に痛感したのは、ブラジル政府批判に関して邦字紙はどこも腰が引けていたことだ。邦字紙には1941年にゼッツリオ・ヴァルガス独裁政権によって強制廃刊させられた辛いトラウマがある。  その当時の […]
  • 戦中の日本人迫害に政府謝罪を!=奥原監督、沖縄県人会に協力依頼=サントス強制立退きを語る2018年3月28日 戦中の日本人迫害に政府謝罪を!=奥原監督、沖縄県人会に協力依頼=サントス強制立退きを語る  「日本移民110周年だからこそ、戦争前後の移民迫害に政府の公式謝罪を」――映画『闇の一日』(2012年)の奥原マリオ純監督は24日、沖縄県人会で催された講演会で、謝罪運動への協力を同会に求めた。重大な人権侵害として1943年7月8日に起きたサントス市からの枢軸国民の2 […]
  • ブラジル日本移民史の快挙=サントス強制立退き証言の掲載2017年11月22日 ブラジル日本移民史の快挙=サントス強制立退き証言の掲載  《私の一番の苦しい想い出は、姉があの事件のショックで恐怖症を患い、生涯、精神障害で苦しんだことです》――沖縄県人移民塾同人誌『群星(むりぶし)』第3号145頁には、そんな生々しい言葉がおどる。  「あの事件」とは、1943年7月8日、ブラジル政府の命令により24時間 […]
  • 東西南北2017年11月17日 東西南北  テメル大統領は共和制記念日の15日に行ったスピーチで、「ブラジル人は国に不安な心配事があると、権威主義に頼ろうとする傾向がある」と語った。テメル氏はこの日、1873年に共和制導入に向けての初の会議が行われた場所であるサンパウロ州イトゥで、全国民向けのメッセージを発し、その中で […]
  • 《ブラジル》「奴隷の呪い」と統合労働法2017年7月18日 《ブラジル》「奴隷の呪い」と統合労働法  1943年施行の統合労働法(CLT)は、少し日本の憲法に似ている。歴代大統領が試みてきたにも関わらず、74年間も実現しなかった難事だからだ。軍事政権すらやらなかった。 […]