ホーム | コラム | 樹海 | 各々異なる結実の時

各々異なる結実の時

 テレビの番組を流しながら家事をやっていて、ジャブチカバの農園で幹全体が真っ白な花に覆われた様子を写した画像を見た。思わず息を呑んだ後、ジャブチカバが実を結ぶまでには7~8年かかるとの説明もあった▼これを聞いて思い出したのは、「桃栗三年柿八年」という諺だ。野菜や果物の結実には時間がかかる事や忍耐の必要などを教えてくれる諺だが、種を蒔いてすぐ実がなるものは少ない。1年に2~3回収穫が出来る作物であっても、畑を耕し、種を蒔くだけでは、芽が出ても枯れてしまうし、収穫後の管理が悪くてだめにする事だってある▼こうやって考えると、何事も、一朝一夕ではならない事が良くわかる。試験前の一夜漬けも、それ以前の積み重ねがなければ、効果のほどは知れているはずだ。また、思うように実がならない時、腐ってしまうか、種や苗を掘り出して投げ捨てるか、追肥などをしてもう1年待つかで、その人の人間性も問われる▼先の諺は、成就するまでそれ相応の年月がかかる事を示す一方、勤勉に働けば3年、少し努力した人は8年、普通の人は9年で一人前になるが、努力しない人は18年かかるという意味もあるという。地道な努力と実を結ぶまで待つ忍耐は相反しないし、どちらも大切だ。結実を見たいなら、時々に必要な日照や栄養も与えなければならない▼「三つ子の魂百まで」という諺や、人の骨密度は20歳位までしか伸びず、後は低下の一途をたどるという話は、若い頃の体験や指導、栄養の大切さを示す。他人が植えた木に実がならぬ時、修正するのは大変だが、だめだと思われていた木が実を結んだ時の楽しみや誇らしさは格別だろう。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 何気ない日常の尊さ2020年6月25日 何気ない日常の尊さ  ブラジル初の新型コロナ感染者確認から早4カ月。ブラジルでは24日朝の時点で5万2788人、世界中では47万4609人という、大きな犠牲者が出ている。  外出自粛などで感染拡大が終息した国、拡大中の国、感染再燃中の国など、実情は各国各様だ。だが、どの国でも共通する事の […]
  • 樹海拡大版=給付金集めて「日伯200周年基金」にしたら?2020年6月23日 樹海拡大版=給付金集めて「日伯200周年基金」にしたら?  少し気が早い話だが、もしも在外邦人にも給付金10万円が出た場合、その使い道について提案したいことがある。  共同通信は10日付で《『在外邦人に10万円給付検討/政府、自民の意見考慮』  政府は10日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急経済対策としている1人1 […]
  • 自己陶酔の革命家ごっこ2020年6月19日 自己陶酔の革命家ごっこ 「300・ド・ブラジル」の主宰者、サラ・ウインター容疑者が逮捕された。彼女のことはブラジルの一般メディアが大きく取り扱う前から本コラムで「大統領府前で武装して立てこもっている危ない集団がいる」として紹介したが、それから約1カ月後の逮捕となった。  コラム子からすると、 […]
  • 現場の人達は必死なのに…2020年6月18日 現場の人達は必死なのに…  ジョアン・ドリアサンパウロ州知事が、ブタンタン研究所と中国企業が予防接種ワクチンの治療検査(治検)と生産で提携と発表した。  コロナ禍は「予防接種か特効薬が出来るまで終わらない」とされ、開発プロジェクトは130以上あるが、開発には治験が不可欠だ。ブラジルではイギリス […]