ホーム | コラム | 樹海 | 各々異なる結実の時

各々異なる結実の時

 テレビの番組を流しながら家事をやっていて、ジャブチカバの農園で幹全体が真っ白な花に覆われた様子を写した画像を見た。思わず息を呑んだ後、ジャブチカバが実を結ぶまでには7~8年かかるとの説明もあった▼これを聞いて思い出したのは、「桃栗三年柿八年」という諺だ。野菜や果物の結実には時間がかかる事や忍耐の必要などを教えてくれる諺だが、種を蒔いてすぐ実がなるものは少ない。1年に2~3回収穫が出来る作物であっても、畑を耕し、種を蒔くだけでは、芽が出ても枯れてしまうし、収穫後の管理が悪くてだめにする事だってある▼こうやって考えると、何事も、一朝一夕ではならない事が良くわかる。試験前の一夜漬けも、それ以前の積み重ねがなければ、効果のほどは知れているはずだ。また、思うように実がならない時、腐ってしまうか、種や苗を掘り出して投げ捨てるか、追肥などをしてもう1年待つかで、その人の人間性も問われる▼先の諺は、成就するまでそれ相応の年月がかかる事を示す一方、勤勉に働けば3年、少し努力した人は8年、普通の人は9年で一人前になるが、努力しない人は18年かかるという意味もあるという。地道な努力と実を結ぶまで待つ忍耐は相反しないし、どちらも大切だ。結実を見たいなら、時々に必要な日照や栄養も与えなければならない▼「三つ子の魂百まで」という諺や、人の骨密度は20歳位までしか伸びず、後は低下の一途をたどるという話は、若い頃の体験や指導、栄養の大切さを示す。他人が植えた木に実がならぬ時、修正するのは大変だが、だめだと思われていた木が実を結んだ時の楽しみや誇らしさは格別だろう。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • どこも異常な現在の南米2019年10月11日 どこも異常な現在の南米  5年以上続いている政治的混迷がボウソナロ政権以降にますます深みにはまっている伯国。だが、現在の南米を見ていると、おかしいのはこの国だけでないことがすぐわかる▼それはもちろん、マドゥーロ極左政権の暴走で国際的な孤立状態になって久しいベネズエラや、実業家出身の保守派大統領 […]
  • 愛でる、愛しむ、愛しむ2019年10月10日 愛でる、愛しむ、愛しむ  昔読んだ、老人ホームの人達と鹿の心温まる話を思い出させる記事に、最近出会った。一つは手術を受けて入院中の7歳児の回復を促すために雌馬を病院に連れてきた話で、もう一つは刑務所で服役中の女性達が、羊を飼う事で様々な変化を見せ始めたという話だ▼鹿の件は、老人ホームの人達が、繰り返し […]
  • 青年海外協力隊員から陶彫作家、モジお茶屋敷へ2019年10月8日 青年海外協力隊員から陶彫作家、モジお茶屋敷へ  来社対応を終えて、なにげなく編集部入口の古本売り場をみたら、見覚えのある特徴的なヒゲを持つ男性の後姿がみえた。「珍しい人が来られましたね」と声をかけたら、やっぱりモジ市コクエラ在住の陶芸家・中谷哲昇さん(あきのり、76、大阪府大阪市出身)だった。  中谷さんは「本を […]
  • ジャノーは自叙伝で何をしたかったのか?2019年10月4日 ジャノーは自叙伝で何をしたかったのか?  「全くもって、意味も狙いもわからない」。コラム子がそう言わずにいられないのが、元検察庁長官(2013~17年)のロドリゴ・ジャノー氏の自叙伝「ナーダ・メーノス・ケ・トゥード」だ▼9月下旬発売と言われつつ、まだ書店では見ないが、少なくともPDF版がマスコミには一斉に流れ […]