ホーム | イベント情報 | 鬼木東洋医学=格安治療の日、25日=「一年の疲れを癒して」

鬼木東洋医学=格安治療の日、25日=「一年の疲れを癒して」

前回治療の様子

前回治療の様子

 鬼木東洋医学専門学校(鬼木順子理事長)は恒例の『格安治療の日(AMO)』を、25日午前8時半から午後3時までギリェルミーナ区の同校(Rua Astorga, 1019)で開催する。
 日頃の練習成果と同校の広報を目的に、卒業生の有志と最終学期の生徒が集まり、1時間ほどのマッサージを普段の半額以下で行なう。
 半年に一度実施され、今回で50回目を迎える。鬼木結子副理事長は「午後からは混み合うので午前中がお勧め。1年の疲れを格安のマッサージで癒して頂ければ。なるべくゆったりした服装でお越し下さい」と呼びかけた。
 前売券は25レアルにて同校で販売中。当日券30レアル。問合せは同校(11・2684・0589/2791・9431)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 軍警一家殺人事件=犯人は自殺した13歳息子=家族殺害後は普通に登校=周囲に以前から犯行を予告2013年8月31日 軍警一家殺人事件=犯人は自殺した13歳息子=家族殺害後は普通に登校=周囲に以前から犯行を予告 ニッケイ新聞 2013年8月8日  サンパウロ市北部ブラジランディアで起きた軍警一家惨殺事件で、犯人は死亡した一人の13歳少年であったことが6日明らかとなった。7日付伯字紙が報じている。 […]
  • 農大会長選が紛糾=石川氏続投で決着2005年2月11日 農大会長選が紛糾=石川氏続投で決着 2月11日(金)  任期満了に伴うブラジル東京農大会長選が一月三十日あり、前会長の五十嵐司氏と大島正敬第一副会長が出馬を表明したが折り合いがつかず、現職石川準二会長の続投が決まった。石川会長は三期目となる。 […]
  • 《ブラジル》コロナ禍で広がる教育格差=870万人が遠隔授業不可2020年9月2日 《ブラジル》コロナ禍で広がる教育格差=870万人が遠隔授業不可  新型コロナウイルスの感染拡大で、大半の学校では対面授業を中止した。多くの学校は遠隔授業を行っているが、その開始に手間取った自治体や学校が多い上、授業への参加率は地域や所得による格差が大きい。  ブラジル地理統計院(IBGE)がコロナ禍の影響を調査するために行っている […]
  • バイ燃投資が新記録=国際的批判などどこ吹く風2008年4月24日 バイ燃投資が新記録=国際的批判などどこ吹く風 ニッケイ新聞 2008年4月24日付け  バイオ燃料を白眼視する国際的批判の中で、エタノールへの大型投資が百七十億ドルに達し、記録を更新したことが判明した。中央南部で二〇〇八年、新たに精製所三十二カ所が竣工し、全部で八十四カ所になる。 […]
  • ■今週末の催し2013年10月10日 ■今週末の催し ニッケイ新聞 2013年10月10日  土曜日(12日)  和紙絵展、午前10時、青森県人会館(Dr. Siqueira Campos, 62, Liberdade)、日曜日も      ◎ […]