ホーム | 日系社会ニュース | JICA関西=「ブラジルビジネスセミナー」=世界一日系人が多い国、ブラジル

JICA関西=「ブラジルビジネスセミナー」=世界一日系人が多い国、ブラジル

セミナーチラシ

セミナーチラシ

 国際協力機構(JICA)の関西事務所が2月19日(金)に、兵庫県や関西企業の協力でブラジル日系社会との連帯強化を目的とした「ブラジルビジネスセミナー」を日本時間の14時から16時にオンライン会議システムZOOM上で開催する。参加費は無料。
 JICAは世界に点在する日本移民や日系人が日本と移住先とを繋ぐ「懸け橋」や「パートナー」として重要な役割を果たしていると考えており、日本とのより強い絆になっていくよう日系社会との連携・協力にむけた取り組みを強化している。
 特に同セミナーでは、全世界に360万人いるとされている日系人のうち、推定約220万という世界最大の日系コミュニティをもつブラジルに着目。主に日本の企業や事業主にむけ、日系社会との連帯したビジネスを紹介する。
 このほか、JICAによる海外展開支援制度や民間連帯事業のほか、ブラジル国内の政治・経済、新型コロナウイルスの感染状況、ブラジルの投資環境なども紹介していく。
 申し込みは下記サイト(https://www.ksic.jica.go.jp/regist/is?SMPFORM=rht-ohril-716a029157b1a75b33a3af48b7a8afde)から。定員80人まで。申し込みは2月15日の締め切り。
 問い合わせ先▼JICAコラボデスク担当者酒井、武谷、尾崎(メール=jica-collabodesk@prex-hrd.or.jp、電話=06・6136・3477)▼主催者事務局:JICA関西企業連携課(電話=078・261・0397)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》昨年7月のピーク時より悪化=7日間平均死者数が過去最多=この期に及んでマスク否定する大統領2021年2月27日 《ブラジル》昨年7月のピーク時より悪化=7日間平均死者数が過去最多=この期に及んでマスク否定する大統領  昨年2月26日の新型コロナの初感染者確認から丸1年。この24日には死者数が25万人の大台を超え、7日間の平均死者数が過去最多を記録して昨年のピーク時よりも明らかに酷い記録を更新中の25日、ボルソナロ大統領は今更ながらにマスク着用に否定的な発言を定例ライブで語り、メディ […]
  • 《ブラジル》失業率が13・9%に低下=年間平均では統計史上最悪2021年2月27日 《ブラジル》失業率が13・9%に低下=年間平均では統計史上最悪  地理統計院(IBGE)が26日、20年第4四半期の失業率は13・9%で第3四半期の14・6%より低下したが、年間平均は13・5%で、12年の統計開始以降で最悪だったと発表したと同日付現地サイトが報じた。  18年の平均失業率は12・3%、19年は11・9%で、失業率は低下傾 […]
  • 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格2021年2月27日 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格  26日、サンパウロ州政府のコロナ対策である「プラノSP」で外出規制の見直しが行われ、大サンパウロ市圏を含む4地区がオレンジ・レベル(下から2番目)に降格した。26日付現地サイトが報じている。  プラノSPは24日にも、26日から3月14日まで、州内全域で23時から翌朝5時の […]
  • 東西南北2021年2月27日 東西南北  サンパウロ市で3月1日からの予定となっていた、80~84歳を対象としたコロナワクチンの接種が2月27日から行われることになった。ただし、接種を早めて行うのはパカエンブー・スタジアムをはじめとする、市内5カ所に設けられたドライブスルー接種会場のみで、ほかの保健機関では3月1日か […]
  • 特別寄稿=徒然の記―脳と心=コロナ禍時代の不安と悲しみ=聖市在住 上原武夫2021年2月27日 特別寄稿=徒然の記―脳と心=コロナ禍時代の不安と悲しみ=聖市在住 上原武夫 芯からの愛の心  人間誰にも脳と心がある。真心、見せ掛けの心、欲心、悪心、様々な心がある。それを見抜くのが脳である。  先ずは親子愛の真心、どんな罪人の子でも親にとっては芯からの愛の心がある。目の中に入れても痛くないほど可愛い孫。  幼い頃からオジーオバーにす […]