ホーム | 日系社会ニュース | JICA関西=「ブラジルビジネスセミナー」=世界一日系人が多い国、ブラジル

JICA関西=「ブラジルビジネスセミナー」=世界一日系人が多い国、ブラジル

セミナーチラシ

セミナーチラシ

 国際協力機構(JICA)の関西事務所が2月19日(金)に、兵庫県や関西企業の協力でブラジル日系社会との連帯強化を目的とした「ブラジルビジネスセミナー」を日本時間の14時から16時にオンライン会議システムZOOM上で開催する。参加費は無料。
 JICAは世界に点在する日本移民や日系人が日本と移住先とを繋ぐ「懸け橋」や「パートナー」として重要な役割を果たしていると考えており、日本とのより強い絆になっていくよう日系社会との連携・協力にむけた取り組みを強化している。
 特に同セミナーでは、全世界に360万人いるとされている日系人のうち、推定約220万という世界最大の日系コミュニティをもつブラジルに着目。主に日本の企業や事業主にむけ、日系社会との連帯したビジネスを紹介する。
 このほか、JICAによる海外展開支援制度や民間連帯事業のほか、ブラジル国内の政治・経済、新型コロナウイルスの感染状況、ブラジルの投資環境なども紹介していく。
 申し込みは下記サイト(https://www.ksic.jica.go.jp/regist/is?SMPFORM=rht-ohril-716a029157b1a75b33a3af48b7a8afde)から。定員80人まで。申し込みは2月15日の締め切り。
 問い合わせ先▼JICAコラボデスク担当者酒井、武谷、尾崎(メール=jica-collabodesk@prex-hrd.or.jp、電話=06・6136・3477)▼主催者事務局:JICA関西企業連携課(電話=078・261・0397)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》予防接種会場に響く音楽=週2回オーケストラが生演奏2021年5月11日 《サンパウロ市》予防接種会場に響く音楽=週2回オーケストラが生演奏  サンパウロ市で60~62歳の人への新型コロナの予防接種が始まった6日、同市南部サントアマロ区アドルフォ・ピニェイロ大通りにある特設接種会場、パウロ・エイロー劇場(Teatro Paulo […]
  • 東西南北2021年5月11日 東西南北  8日、リオ市のエドゥアルド・パエス市長が、市内のローダ・デ・サンバ(輪になってサンバを歌う場)でマスクも着けずに生演奏で歌っている姿がネット上で流出。10日朝、謝罪を行う事態が発生した。リオ市では7日に規制緩和が発表され、バーは23時までの営業が可能となっていたが、サンバ・バ […]
  • 《ブラジル》アラウージョ前外相=クロロキン最優先の外交展開=ワクチン関心なしとF紙報道2021年5月11日 《ブラジル》アラウージョ前外相=クロロキン最優先の外交展開=ワクチン関心なしとF紙報道  3月に辞任した前外相のエルネスト・アラウージョ氏が、コロナウイルスへの効用がないとされるクロロキンの国外からの購入に関し、中心となる役目を担っていた疑惑が浮上した。同氏は上院でのコロナ禍に関する議会調査委員会(CPI)で召喚対象となっている重要人物のひとりだ。10日付 […]
  • 《ブラジル》コロナ死者の減少傾向維持=気になるリオ州の感染者増=ファイザー製ワクチン再配布2021年5月11日 《ブラジル》コロナ死者の減少傾向維持=気になるリオ州の感染者増=ファイザー製ワクチン再配布  新型コロナの死者は7日間の平均が2千人超の状態が50日以上続いている。だが感染学上の第14週(4月4~10日)に週間の死者最多(2万1141人)を記録して以来、4週連続で前週比減を記録し、若干ながら落ち着き始めている。ただし、新たな変異株が確認されたリオ州では感染者が […]
  • 《サンパウロ州》新たな予防接種日程を発表=新型コロナとインフルエンザ2021年5月11日 《サンパウロ州》新たな予防接種日程を発表=新型コロナとインフルエンザ  サンパウロ州政府が7日、新型コロナの予防接種の優先グループに50~54歳で恒常的な障害や慢性疾患を持つ人86万5千人を加えると発表した。  州政府は毎日のように新しいグループを優先接種対象に加えている。10日はダウン症の人、人工透析者、臓器移植後で免疫抑制剤の使用者 […]