ホーム | コラム | オーリャ! | 一時間のノルデスチ旅行

一時間のノルデスチ旅行

 ある昼下り、食事処を探しにコンデ・デ・サルゼーダス街へ。セー駅から徒歩5分ほど。治安が良い場所とは言えず、東洋街に住んで半年以上経つが、一度も足を踏み入れたことが無かった。
 だが日本移民とは縁が深い場所だ。1910年代前半から住み始め、ブラジル初の日本人街となった場所だからだ。今はノルデスチ(北東伯)から移ってきた国内移民が多く、日系人はほぼ見かけない。
 道行く人は一様にTシャツとジーパンといったラフな格好。Yシャツを着て歩いていると落着かない。ポルキロ食堂に入ると、ノルデスチ郷土料理バイオン・デ・ドイス。米と豆と肉を煮込んだピラフのような料理で、チーズ風味が美味しい。
 少し坂を上がるだけでジョン・メンデス広場で、Yシャツ族ばかり。景色のあまりの変わりように狐につつまれたような気分。昼1時間のノルデスチ旅行だった。(陸)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本宗教がディズニー監督の心の支え2017年5月23日 日本宗教がディズニー監督の心の支え  ブラジル人初のディズニーアニメ映画監督となった松田レオナルドさんとの取材後、「もしも書きたければ、私が創価学会で仏教を学んでいることを記事に加えても大丈夫です」と松田さんからメールが入った。  調べてみると同学会のニュースサイト「SEIKYO Online」に3月27日付け […]
  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • 軍政時代の生々しい話2019年2月19日 軍政時代の生々しい話  ある日の午後、陸軍予備役大佐の京野吉男氏を取材していたら、軍事独裁政権時代の話になった。当時の話はタブー視されている印象なので、このように聞くのは初めてだった。  軍政時代は1964年に始まり、85年まで21年間続いた。現在83歳の京野氏は、当時30代、40代。まさに軍人と […]
  • 独移民の町、ポメローデ2019年2月9日 独移民の町、ポメローデ  世界最大規模のオクトーバーフェストが催されるサンタカタリーナ州ブルメナウから、車で一時間ほど離れたところに「ポメローデ」というドイツ移民の町がある。〝ブラジルで最もドイツらしい町〟との名を冠するところだ。  ブルメナウからは近いが、ポメローデ行きの路線バスは一日数本しか出て […]
  • 日本文化が『近いようで遠い』ブラジル2019年1月31日 日本文化が『近いようで遠い』ブラジル  「ブラジルは距離が遠いからか、日本文化があまり伝わっていない」――日系社会に対して、日本の伝統陶芸家である十一代目大樋長左衛門氏が発したその言葉に、少し驚いた。  到着した24日に来社した際、大樋氏に印象を聞くと「日系社会の関係が濃く大きい。どの国と比較しても一番日本人らし […]