ホーム | コラム | オーリャ! | 一時間のノルデスチ旅行

一時間のノルデスチ旅行

 ある昼下り、食事処を探しにコンデ・デ・サルゼーダス街へ。セー駅から徒歩5分ほど。治安が良い場所とは言えず、東洋街に住んで半年以上経つが、一度も足を踏み入れたことが無かった。
 だが日本移民とは縁が深い場所だ。1910年代前半から住み始め、ブラジル初の日本人街となった場所だからだ。今はノルデスチ(北東伯)から移ってきた国内移民が多く、日系人はほぼ見かけない。
 道行く人は一様にTシャツとジーパンといったラフな格好。Yシャツを着て歩いていると落着かない。ポルキロ食堂に入ると、ノルデスチ郷土料理バイオン・デ・ドイス。米と豆と肉を煮込んだピラフのような料理で、チーズ風味が美味しい。
 少し坂を上がるだけでジョン・メンデス広場で、Yシャツ族ばかり。景色のあまりの変わりように狐につつまれたような気分。昼1時間のノルデスチ旅行だった。(陸)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本宗教がディズニー監督の心の支え2017年5月23日 日本宗教がディズニー監督の心の支え  ブラジル人初のディズニーアニメ映画監督となった松田レオナルドさんとの取材後、「もしも書きたければ、私が創価学会で仏教を学んでいることを記事に加えても大丈夫です」と松田さんからメールが入った。  調べてみると同学会のニュースサイト「SEIKYO Online」に3月27日付け […]
  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • チームワーク力2019年6月1日 チームワーク力  「車いすフェンシング世界選手権」が5月21~25日、聖市で開催され、オーリャ子は団体戦を観戦した。日本からは男子が出場したが3戦3敗。出場した藤田道宣選手は「日本は団体戦で個人戦をしている。チームとしての雰囲気が作れていない」との課題を挙げた。  団体戦は、いくら個々のメン […]
  • 東西南北2019年5月29日 東西南北  26日のデモで国民が金融活動管理審議会(COAF)をセルジオ・モロ法相の下に戻すよう訴えたため、上院が国民の支持するように変えようとしていたタイミングで、当のボウソナロ大統領が「変えてくれるな」との要求を行った。もっとも、同件は他の法案とセットになっているもので、それら全体の […]
  • ブラジル日本語の最高峰2019年5月29日 ブラジル日本語の最高峰  先日、ブラジル世界救世教の宣教本部竣工50周年の式典に参加させてもらったが、本部にいるブラジル人幹部や専従者らの日本人顔負けな日本語に舌を巻いた。  例えば、宮道マルコ・レゼンデ本部長。慶應義塾大学を卒業しており、言葉遣いも日本人そのものだし、日本語の資料もスラスラ読む。 […]