ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》銀行と預金者の合意成立=財政政策による損失補償で

《ブラジル》銀行と預金者の合意成立=財政政策による損失補償で

 1980年代~1990年代の財政政策で多大な損失を受けた預金者への補償問題で、27日に銀行と預金者の間の最終的な合意が成立したと28日付現地紙・サイトが報じた。
 1987年のブレッセル・プラン、1989年のヴェラン・プラン、1990年と91年のコーロル・プラン(第1次と第2次)の4政策は、預金凍結などにより、預金者に多大な損失を与え、100万件を超える訴訟を引き起こした。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ