ホーム | ブラジル国内ニュース | 中国・ブラジル貿易関係より深める=ブラジル製品輸入拡大で合意

中国・ブラジル貿易関係より深める=ブラジル製品輸入拡大で合意

 サンパウロで開かれ、ブラジルと中国双方の企業400社が参加した、ブラジル・中国セミナーで29日、中国がブラジル製品の輸入を拡大する協力協定に調印した。この協定は、中国貿易促進協議会(CCPIT)とビジネスリーダーグループ(Lide)との間で締結された。
 CCPIT会長の陳氏は「ブラジル製品は大歓迎だ。我々は貿易における新しい協力分野を模索したい」と語り、現在出荷されている、大豆、石油、鉱物などの主要製品に加えて、新たな通商関係を構築したいとする、中国側の意思を示した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 大豆の輸出量減、国内需要増=他の生産物は回復の兆し2016年8月24日 大豆の輸出量減、国内需要増=他の生産物は回復の兆し  8月は大豆の輸出量が減り、トウモロコシや砂糖、コーヒーの輸出量が増えている。  大豆の場合、8月はじめの15営業日の実績から見た輸出量は大幅に落ち込み、400万トン程度で終わりそうだ。直近4カ月の大豆の平均輸出量は8400万トンで、4月の輸出量は1千万トンに達していた。 […]
  • 4月の大豆輸出1千万トン=ドル高で史上最高を更新2016年5月4日 4月の大豆輸出1千万トン=ドル高で史上最高を更新  通商局(Secex)が2日、4月の大豆輸出は1千万トンを超え、月間記録を更新したと発表したと同日付G1サイトが報じた。最近はドルが高めに推移している事も追い風となった。 大豆はブラジルの主要輸出品目の一つで、1~4月の国外販売額は73億ドルを超えた。この額は、昨年同期を40% […]
  • フェイジョン=作付けに悩む生産農家=天候不順と種不足が原因で2016年7月15日 フェイジョン=作付けに悩む生産農家=天候不順と種不足が原因で  サンパウロ州イタペチニンガ地方では、生産農家がフェイジョンの作付けに困難を覚えていると13日付G1サイトが報じた。 パラナパネマ市のアベル・シモンエス氏は天候不順と種不足で、6月に予定していたフェイジョンの作付けを延期した。その理由は「今年は寒さが厳しく、霜も降りたから、例年 […]
  • ブラジル貿易=輸出高17カ月振りに上回る=レアル安で工業製品好調2016年3月3日 ブラジル貿易=輸出高17カ月振りに上回る=レアル安で工業製品好調  対ドルレアル安と工業製品の売り上げ増大、農作物の出荷が早まった事で、2月の輸出額は前年同月比4・6%増の133億4800万ドルで、17カ月ぶりに増加に転じたと1、2日付伯字各紙が報じた。 これに対し、輸入は減少傾向が続いており、2月の貿易収支は30億4300万ドルの黒字を計上 […]
  • ブラジル経済=昨年のGDP成長率発表=-3.8%と26年ぶりの下げ幅=ラ米で2番目の低調さ2016年3月4日 ブラジル経済=昨年のGDP成長率発表=-3.8%と26年ぶりの下げ幅=ラ米で2番目の低調さ  3日にブラジル地理統計院(IBGE)が発表したデータによると、15年のブラジルの国内総生産(GDP)は、前年比3・8%減の5兆9千億レアルだったと、同日付伯字サイトが報じた。 GDPが3・8%のマイナス成長というのは、IBGEが現行基準で統計をとり始めた1996年以降で最悪だ […]