ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 山形県人会の青年会は来年1月から月に1回程度、ポ語学習者を対象にした勉強会の開催を計画している。駐在員家族など聖市に来たばかりでポ語に不慣れな人々を集めて、青年会会員、日語学習者がポ語の日常会話を教えるもの。教科書に載らない俗語表現を学び、すばやいやり取りの会話に慣れられそう。有山さんは「これも会員を増加させるための活動の一環。出身県など関係なく、幅広い人に県人会を知って欲しい」と語った。県人会が一般の駐在員家族を対象としたイベントをするのも珍しい。山形県人会青年会の活動に期待。
     ◎
 伊藤園新俳句大賞実行委員会主催の「第29回お〜いお茶新俳句大賞」の作品募集が開始された。「新俳句」は、季語がなくても、多少字余りでも可。募集は小・中・高校生、一般A(40歳未満)、一般B(40歳以上)および英語俳句の6部門。受賞作品は製品パッケージに掲載される。応募を希望する場合は、応募用紙に作品と必要事項を明記の上、下記住所へ郵送またはメールで送付すること。応募用紙は聖市文協にて配布しているが、文協サイト(http://www.bunkyo.org.br)から印刷することも可能。問合せは文協事務局の海老沢さん(11・3208・1755、site@bunkyo.org.br)まで。郵送の場合は(Sociedade Brasileira de Cultura Japonesa e de Assistência Social Rua São Joaquim, 381 – Liberdade – São Paulo – SP A/C Chika Ebisawa CEP 015008-900)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年6月26日 大耳小耳  8月18日に開催される「第10回全伯俳句大会」に向けて現在、「兼題」が応募受け付け中で、締め切りが30日に迫っている。大会委員の浜田一穴さんは「今回は10回の節目、より盛大にやりましょう。30日消印まで有効なので急いで送って!」と呼びかけている。投句料は無料。兼題は冬季一切、 […]
  • 大耳小耳2013年4月27日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年4月27日 […]
  • 大耳小耳2016年7月14日 大耳小耳  お経のポ語小冊子を作成した曹洞宗天随禅寺のソウザ孤圓師は、元々カトリックを信仰する家に生まれ育った。しかし13歳で「なぜ家族も周囲の人たちも、教えを忠実に守っていないのか?」と疑問を抱くようになり、それ以来、納得できる教えを探し始め、28歳で禅宗と出会ったという。「私が禅宗に […]
  • 大耳小耳2018年5月9日 大耳小耳  ニッケイ新聞と椰子樹社(多田邦治代表)が共催する『第70回全伯短歌大会』の作品を募集している。大会は9月9日午前9時から聖市文協ビル5階のエスぺランサ婦人会サロン(Rua Sao Joaquim, 381)で開催される。応募締切は6月15日(厳守)。送り先はHARUMI […]