ホーム | 日系社会ニュース | 日本人アイドル公演に熱狂=ジュース=ジュース初来伯=伯人ファン200人が大合唱

日本人アイドル公演に熱狂=ジュース=ジュース初来伯=伯人ファン200人が大合唱

公演の様子(アップフロントプロモーション提供)

公演の様子(アップフロントプロモーション提供)

 ヤマト・ミュージック(近澤隆代表取締役社長)が15日、日本の7人組アイドルグループ「Juice=Juice」(以下ジュース、アップフロントプロモーション所属)の公演を聖市リベルダーデ区の沖縄県人会館で開催した。会場には非日系人を中心とするファン約220人が集まり、色とりどりのケミカルライトを手に終始大合唱、初来伯のアイドルグループに熱狂した。

 午後8時に曲が始まると、全員が二十歳前後の若々しいジュースのメンバーが舞台に躍り出た。一斉に詰め掛けたファンが歓声を上げ、メンバーの名前を叫びながら合唱し、躍動的に曲に合いの手を入れた。
 曲間では各メンバーが伯国での公演開催に喜びを示し、気に入った伯国料理を語るなどして伯人ファンを喜ばせた。
 その後も休む暇なく立て続けに曲を披露した後、ジュースが袖に消え舞台照明が落とされるとファンからは熱烈なアンコールが起こった。
 再度登場したジュースは「Wonderful World」のほか2曲ほど披露し、来場に感謝を述べ再来伯を誓った。
 振り付けを完璧に真似、曲の合いの手も率先して入れていた日本人男性のKassiさん(29、宮城県)はなんと同グループの世界公演のほとんどに参加しているそう。「日本と違って伯人ファンはとても元気で、自由に楽しんでいる。好きなグループが、地球の反対側でもこれだけ愛されていることは、僕も嬉しい」と爽やかな笑顔を見せた。
 デビュー時からファンというフェルナンド・フランシスコさん(30)と友人のレナンチアゴ・ジーアス・ダ・コンセイソンさん(18)は、インターネットでジュースを見つけたそう。「大好きなグループが伯国に来てくれて公演中は涙が出た。とても感動している」と噛み締めるように語り、胸に手を当てた。
 近澤代表取締役は日本の多くの芸能事務所が海外普及を推進していることに触れ、「特撮やアニメソングの歌手、バンドと伯国に入ってきて、日本のアイドル人気が始まったのは比較的最近のこと。50~60人と予想していたが、こんなにファンが集まって良かった」とホッとした表情を見せた。
 伯国のアイドルファンについて「J―ROCKのファンは普通1回しか見に来ない。それと違い、アイドルファンは10回公演があっても全部に来る。どんどん伯国に来て知名度を上げていってほしい」と期待した。


□関連コラム□大耳小耳

 日本のアイドルグループ「ジュース」が8曲ほど披露した後、植村あかりさんが「皆さん、ありがとうございまーす!。ブラジルに来るのを本当に楽しみにしていました。チーズが大好きで、ポン・デ・ケージョがとても美味しかった」と話すと、客席から嬉しそうな歓声が上がった。さらに「ブラジルお勧めの料理を教えて」と会場に呼びかけると各所から料理名が叫ばれた。それもあってかアンコール時には「アンコール」と言う代わりに「アサイー」「シュラスコ」「ポンデケージョ」などと伯国の料理名を連呼する場面も。Kassiさんの言う「自由に楽しむブラジルファン」が見られた公演だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • パラー州で7団体が新年会=200人がお屠蘇で盛大に祝う2019年1月11日 パラー州で7団体が新年会=200人がお屠蘇で盛大に祝う  【パラー州ベレン発】在ベレン日本国領事々務所(浜田圭司所長)、汎アマゾニア日伯協会(生田勇治会長)、アマゾニア日伯援護協会(山本ジルベルト修会長)、パラー商工会議所(山中正二副会頭)、北伯県人会連合会(武田司平会長)、パラー州統領官庁(ルイジエル・グエーデス補佐官)、 […]
  • W杯セネガル戦=JHで200人超が日本応援=岩手、蕎麦すすって気合=決勝T進出に王手だ!2018年6月27日 W杯セネガル戦=JHで200人超が日本応援=岩手、蕎麦すすって気合=決勝T進出に王手だ!  W杯日本代表がロシアで熱い戦いを繰り広げていたとき、遠くサンパウロでも選手たちに熱い声援が送られていた。対セネガル戦の観戦会が24日、聖市のジャパン・ハウス(JH)や岩手県人会館など数カ所で開催された。特にJHには200人以上が応援に駆けつけ、試合終了後、引き分けに持 […]
  • ブラジル人向けの日本の歴史講座=漫画協会と三重県人会が共催=200人で熱気あふれる3時間2017年4月11日 ブラジル人向けの日本の歴史講座=漫画協会と三重県人会が共催=200人で熱気あふれる3時間  ブラジル漫画協会(Abrademi、佐藤フランシスコ紀行会長)と三重県人会(下川孝会長)が3月26日午前9時から聖市の同県人会館で、『日本の歴史』についての連続講演会(ポ語)の第1回を共催した。「日本を知らないブラジル人に日本の歴史を教えること」を目的とする。参加した20 […]
  • イペー音頭、200人参加=歌と盆体操発表講習会2015年11月14日 イペー音頭、200人参加=歌と盆体操発表講習会  歌手の中平マリコさんとブラジル健康体操協会(川添敏江会長)が18日午前9時から、『イペー音頭 歌と盆体操発表講習会』を聖市の栃木県人会館で開催した。 中平さんが作詞・作曲した「イペー音頭」に、同協会がオリジナルの振り付け「盆体操」を指導し、1割の非日系を含む約200人が踊りを […]
  • 岡山県人会=支援フェイジョアーダに200人超=イベント続きでも特別に決行2018年8月24日 岡山県人会=支援フェイジョアーダに200人超=イベント続きでも特別に決行  先月の西日本豪雨で大きな被害を受けた母県を支援するために、岡山県人会(角南美佐子会長)は「支援フェイジョアーダ会」を19日に同会館で開催。急きょ呼びかけたにも関わらず、若者を中心に200人を上回る来場者がきた。材料費を差し引いた収益の全額を母県に寄付する。  同 […]