ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》メイレレス財相=増税を完全には否定せず=「即座のブラジル国債の格下げはない」とも

《ブラジル》メイレレス財相=増税を完全には否定せず=「即座のブラジル国債の格下げはない」とも

官邸付記者たちを招いての朝食会でのテメル大統領と主要閣僚たち(22日、右から2番目がメイレレス財相、Marcos Corrêa/PR)

官邸付記者たちを招いての朝食会でのテメル大統領と主要閣僚たち(22日、右から2番目がメイレレス財相、Marcos Corrêa/PR)

 エンリケ・メイレレス財相は21日、連邦政府は増税を避けるための代替案を模索していると語ったが、増税の道を完全には否定しなかったと、22日付現地各紙が報じた。
 連邦政府は財政健全化のため、投資専用ファンドで得た利益に課税することを定めた暫定令(MP)を出した。これにより、来年度会計では推定60億レアルの収入が得られるはずだったが、年内の承認がとれなかったために、この分の穴を埋める必要がある。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ