ホーム | 文芸 | 刊行 | 『抵抗と創造の森アマゾン』=民衆運動を新たな開発政策の糸口に

『抵抗と創造の森アマゾン』=民衆運動を新たな開発政策の糸口に

本書の装丁

本書の装丁

 『抵抗と創造の森アマゾン 持続的な開発と民衆の運動』(小池洋一、田村梨花共編、現代企画室)が、昨年11月に日本で刊行された。
 本書は、アマゾン熱帯雨林で進行する深刻な森林破壊の現実と、それに抵抗し、社会経済の新たな在り方を展望し創造的活動を展開する民衆の動きに焦点を当て、消費主義に替わり得る持続的開発の在り方を展望した労作だ。
 アマゾンには、横断道路が建設された60年代から本格的な開発の波が押し寄せた。70年代以降は鉱業、農牧開発が進み、それに伴う鉄道建設や電力開発等で大規模な森林破壊が起こった。
 90年以降、社会民主党、労働者党政権の下、環境政策が強化された。だが、その保全政策は後退し、減少傾向にあった森林破壊面積も15年に増加に転じた。テメル政権下では、それを反故にする動きが加速しているという。
 そんななか、最新のデータと現地調査に基づき、アマゾンの環境問題の詳細に踏み込んで現実を伝えると共に、特に先住民など現地で暮らす民衆の動きに着目し、10章立てで紹介している。
 アグリビジネスと闘い生態との共生を目指すアグロエコロジーや、森の恵みを活用する採取経済や森林農法。持続的経済を提案する先住民運動、土地なし農民運動の大規模農牧畜への抵抗、デザインや公正取引により生産物の価値を高める運動や、人々の生活と社会を強化するコミュニティ教育などが取上げられる。
 序章では、アマゾンの民衆運動について「市場経済の根底からの変革、すなわち労働や自然を含めあらゆるものを市場取引の対象とする経済を揚棄し、自然と人間の共生や連帯を目指す運動である」と総括し、持続的開発の在り方を一考するヒントとなりそうだ。
 全319頁。定価2600円で販売中。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も2017年5月24日 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も  西風会は『西風』第5号(207頁)を先月刊行した。毎月1回集まって議論をする私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  5冊目の巻頭特集は、昨年10月30日に亡くなったサンパウロ人文科学研究所元所長で西風会の中心メンバーでもあった宮尾進さんの追 […]
  • 「かなえ合同歌集」追悼刊行=亡き歌人、藤田朝壽さんに捧ぐ2019年2月22日 「かなえ合同歌集」追悼刊行=亡き歌人、藤田朝壽さんに捧ぐ  亡きコロニア歌人・藤田朝壽さんに捧げる追悼歌集『かなえ合同歌集』(全160頁)が今年1月に刊行された。  昨年1月4日に亡くなった藤田さんは、サンパウロ新聞歌壇や老荘の友で選者を務めていた歌人。15年に亡き妻に捧げた自選歌集『赭き大地を』に続け、2冊目となる自選歌集 […]
  • 日系文学、第60号刊行=笠戸丸表彰で3氏受賞2018年12月20日 日系文学、第60号刊行=笠戸丸表彰で3氏受賞  『ブラジル日系文学』第60号(発行者=武本憲二、編集者=中田みちよ)が11月に刊行された。  今号の特別寄稿には、「茶の湯―市中の山居」(林宗円)を掲載。外国文化を取り込み、独自の日本文化と昇華させた茶の湯の発展史を紐解いた。ブラジル政治雑談「ボウソナロ氏に決定」( […]
  • 故郷、民族性について討論=『西風』第8号発刊2018年11月14日 故郷、民族性について討論=『西風』第8号発刊  西風会は『西風』第8号(247頁)を9月に刊行した。毎月1回集まって議論する私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  今回の座談会のテーマは「故郷―ふるさと、について語る」。座談会参加者9人が郷愁の想いや各自の「故郷」について話し合った。また […]
  • 『ブラジルの日系人』第4版=出版会30日、優秀論文発表も2018年10月19日 『ブラジルの日系人』第4版=出版会30日、優秀論文発表も  移民二世の視点が中心となって描かれた移民史『O Nikkei no Brasil(ブラジルの日系人)』の第4版の出版記念会が、30日午後7時から、文協貴賓室(R. Sao Joaquim, […]