ホーム | ブラジル国内ニュース | ベネズエラ=国際的孤立の危機に直面=選挙前倒しや野党参加禁止で

ベネズエラ=国際的孤立の危機に直面=選挙前倒しや野党参加禁止で

 大統領選に最大野党を参加させない策略を行なったため、ベネズエラのマドゥーロ政権が国際的孤立の危機に立たされていると、27日付エスタード紙が報じている。
 ベネズエラ最高裁は25日、最大野党の「民主連合会議」(MUD)に対し、昨年12月の全国市長選をボイコットしたことにより、4月の大統領選で「26州のうち8州で参加を無効にする」判決を下した。つまり、大統領選参加を実質的に不可能にする判断だ。最高裁判事のほとんどは、マドゥーロよりの、故チャベス前大統領派の判事で構成される。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ