ホーム | ブラジル国内ニュース | 世界的な法人税の減税傾向に乗り遅れたブラジル=投資や雇用流出の不安も

世界的な法人税の減税傾向に乗り遅れたブラジル=投資や雇用流出の不安も

ダボス会議に出席した、米国トランプ大統領(Fórum Econômico Mundial/Boris Baldinger)

ダボス会議に出席した、米国トランプ大統領(Fórum Econômico Mundial/Boris Baldinger)

 米国が昨年12月に法人税の大型減税を行い、隣国のアルゼンチンも段階的な法人税引き下げを決定した中、ブラジルの法人税率は34%と世界最高水準で、国外投資を呼び込むのに障害になりそうだと、28日付ブラジル各紙が報じた。
 現在ブラジルの法人税率は、Brics諸国の中ではインドに次ぐ2位、ラテン・アメリカ諸国ではベネズエラと並んでトップ、G20諸国の中でも最も高い。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ