fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル・女子バレー》性転換をした選手が大活躍=参加資格に疑問の声も

《ブラジル・女子バレー》性転換をした選手が大活躍=参加資格に疑問の声も

 ブラジル女子バレーボールリーグのバウルー所属、ティファニー・アブレウ(33)が、1月30日のプライア・クルーベ戦で39得点を記録。個人の1試合最多得点記録を更新したことで、波紋を呼んでいると1日付現地紙が報じた。
 ティファニーは、生まれつき自分の自覚する性と、身体的な性の差に苦しみ、2015年に男性から女性へと性転換手術を受けた。
 最初はイタリアの女子チームでプレーをしていたが、昨年12月にブラジルバレーボール連盟から女子選手としての出場許可を得た。その後、バウルーに入団し、2017/18年シーズンを戦うことになった。
 国際五輪委の規定では、「男性ホルモンの一種である、テストステロンが、血液1リットルあたり10nmol(ナノモル)以下であれば、女子選手として競技できる」と定められていて、ティファニーのテストステロン濃度は0・2nmolを保っている。
 ティファニーの出場資格に異議を唱える事は、性的少数者差別に結び付けられやすく、多くの女子選手やチーム関係者、監督はこの問題を公に語ることを好まない。
 ただし、生物学や体育学の専門家の間でも、「性転換手術をしたことで身体能力を失った」という説と、「30歳まで男性ホルモンの影響を受けて形成された彼女の身体が、生まれつきの女性と同じというのは公正ではない」という説が唱えられている。
 本人は「もし私が男だったときの身体能力のままだったら、女子バレーの競技に参加する事をためらっただろう。性転換手術をする前、私の身体能力はもっと高かった」と語っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サントス=「はるまつり」のバス利用者募集=9月13日2009年8月22日 サントス=「はるまつり」のバス利用者募集=9月13日 ニッケイ新聞 2009年8月22日付け  サンパウロ日伯援護協会の養護老人ホーム「サントス厚生ホーム」(遠藤浩経営委員長、斉藤伸一ホーム長)は九月十三日に「はるまつり」を開催するにあたり、往復バスの利用者を募集している。観光付き。 […]
  • 世界中にさらされ続けるブラジルの政変2020年1月17日 世界中にさらされ続けるブラジルの政変  13日、世界の映画賞の最高峰、アカデミー賞のノミネート発表が行なわれたが、この日は同時に、ブラジル政界が世界の好奇の目にさらされ続けることになることを決定付けた日にもなった。それはドキュメンタリー部門で、ブラジルの作品「ブラジル 消えゆく民主主義」がノミネートを受けて […]
  • 百周年彫刻の絹谷さん=写真集「夢と感謝」刊行2009年11月26日 百周年彫刻の絹谷さん=写真集「夢と感謝」刊行 ニッケイ新聞 2009年11月26日付け  ブラジル日本移民100周年を記念して、彫刻家・絹谷幸太さんにより制作された石のモニュメント「夢と感謝(Sonho e […]
  • 援協=定期総会2010年3月17日 援協=定期総会 ニッケイ新聞 2010年3月17日付け  サンパウロ日伯援護協会(森口忠義イナシオ会長)は20日午前10時(2次招集)から援協社会福祉センター5階(R.Fagundes,121)で第51回定期総会を開く。 […]
  • コラム オーリャ!2005年4月28日 コラム オーリャ!  捨てる神あれば、拾う神ある。グティエレス・エクアドル前大統領が国会で解任され、ブラジルに亡命してきた。ニュースを見ながら、そんな言葉が頭をよぎった。 […]