ホーム | コラム | 樹海 | ルーラの第2審早期実施は正しかったのか?

ルーラの第2審早期実施は正しかったのか?

有罪判決を受けた直後のイベントでのルーラ氏(Ricardo Stuckert)

有罪判決を受けた直後のイベントでのルーラ氏(Ricardo Stuckert)

 ルーラ元大統領への第4連邦地域裁(TRF4)からの12年1カ月の実刑判決宣告は、1月24日前後数日のブラジルの話題を独占した。これが致命傷となって、10月に行なわれる大統領選への出馬が危機に立たされる可能性があるからだ▼だが、普通の人物なら致命傷となるこの判決も、ルーラ氏には全く効いていない。約1週間後に行なわれたダッタフォーリャの大統領選に関する世論調査で、「ルーラ氏に投票したい」という人が、様々な場合を想定してもいずれも35%前後で他の候補を寄せ付けないという結果が出てしまった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS供述後、PSBが連立離脱表明=PSDBなどは当面連立に留まる=重要法案の審議はいかに2017年5月23日 《ブラジル》JBS供述後、PSBが連立離脱表明=PSDBなどは当面連立に留まる=重要法案の審議はいかに  【既報関連】食肉大手のJBS社主のジョエズレイ・バチスタ容疑者ら同社幹部7人の報奨付供述で、テメル大統領(民主運動党・PMDB)やアエシオ・ネーヴェス上議(民主社会党・PSDB、停職中)らへの疑惑が噴き出し、社会党(PSB)が連立離脱を決めたが、PSDBや民主党(DE […]
  • 今も隠然たる影響力を誇るルーラ前大統領(Foto: Ricardo Stuckert/Instituto Lula)2015年7月3日 先週から大統領や周辺の言動に妙な雰囲気が…  先週からルーラやジウマ大統領及び周辺の言動がちょっとおかしい。先週月曜日にルーラは異例の労働者党批判をし、自分の人気を移し替える形で大統領にしたジウマまで指弾した。不人気のPTとジウマを批判することで距離を置いているように見せ、ルーラは大統領選再出馬の準備を進 […]
  • 血の契り2018年5月1日 血の契り  「血の契り(Pacto de […]
  • ラヴァ・ジャットは政界を浄化しているのか?2018年4月27日 ラヴァ・ジャットは政界を浄化しているのか?  ここ数年、伯国政界を語るのに欠かせない話題と言えばラヴァ・ジャット作戦だ。伯国のみならず全世界規模で見て最大級の汚職捜査。「このラヴァ・ジャットの存在が政界の未来を明るくしてくれる」。そう信じている人は多く、国民の8割以上が捜査継続を求めている▼コラム子も捜査そのもの […]
  • 《ブラジル》爆弾発言「仕切っていたのはルーラだ」2017年5月9日 《ブラジル》爆弾発言「仕切っていたのはルーラだ」  「彼はこのエスケーマ(ペトロロン汚職のやり方)を全て知っていた。それどころか仕切っていた」――2015年3月に逮捕以来、ずっと否認を続けてきたペトロブラス元役員、レナト・ドゥッケ被告がこの5日、そう爆弾発言をした。長期勾留が堪え、司法取引をする気になって、急に口を開い […]