ホーム | 日系社会ニュース | 京藤間の舞初め=立ち見出るほどの盛況ぶり=初演目のよさこいも

京藤間の舞初め=立ち見出るほどの盛況ぶり=初演目のよさこいも

人気の演目となったよさこいソーラン

人気の演目となったよさこいソーラン

 日本舞踊の京藤間流(京藤間勘輝二代目家元)が先月21日、恒例の新年舞初めをリベルダーデ区の沖縄県人会会館で開催した。途中音響が止まるなどのハプニングもあったが、立ち見客が出るほどの盛況だった。
 当日は民謡も含めた31演目が披露され、来場客を魅了した。初めて演目に入れられたソーラン節も会場を盛り上げた。
 公演を終えた勘悦子、靖子会主は「思わぬハプニングもあったが、初めて演目に入れたソーラン節も楽しんでくれたと思う」と満足気に語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ